下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!

中古車のジムニーの問題をチェックするポイントはたくさんあります。

細かく確認するのは面倒ですが安全な走行をする為には必要なことです。

実際にエンジンをかけて不具合をチェックしましょう。

スポンサードリンク

ジムニーの中古車の修理や交換をしていたかを知るには

中古のジムニーの塗装が部分的にツヤや色合いが異なるときには、その周りの状態を確認しておきます。

タイヤをフェンダーで覆っているタイヤハウスの中に外装に塗る塗料が付いていたりゴムで出来た部品やメッキの部分などに塗料が付着しているときなどにも周りを詳しくチェックすることが必要です。

ドアを開けたときに車体の方に塗装スプレーがガラスなどに付着しないようにカバーするマスキングテープを貼った痕跡が残っている場合があります。

塗装している部分を指で撫でるように動かしてみると直線の段差に引っかかるようなことがある場合は何か訳があって塗装していたことが推測することが可能です。

ナットやボルトでネジ止めをしているジムニーの部品を取り替える場合は工具を利用します。

ネジの角の塗装が崩れていたりネジの頭の部分で塗装が剥がれていたりするのは1度ネジを着脱している証拠です。

ネジの頭の部分は一般的には塗装されているため比較的簡単にキズがあることが分かります。

塗装されていない場合は着脱しているのかどうかを判断しづらいためジムニーの車体の逆サイドと比較してみるのが良い方法です。

ジムニーの車体を構成しているパーツを溶接によって固定している部分については接合している部分の隙間をなくすためにシーラーと呼ばれる充填材が埋められています。

部品を交換したり修理したりするためにもう1度溶接しなおすと再びシーラーを埋め込むことになるため不自然な仕上がりになっていることが少なくありません。

部品を交換していたり修理していたりする疑いがあるときには爪でシーラーの部分を押してみるのが良い方法です。

中の方が柔らかくなっていて爪で押すと表面が割れてしまうようであれば修理してから新たにシーラーを埋め込んでいることになります。

このように色々なところで中古のジムニーに交換したり修理したりしたことがあるのかが分かるので、しっかりチェックすることが必要です。

スポンサードリンク

ジムニーの中古問題を発見するポイント

ジムニーの鉄板同士の隙間を埋めるためのシーラーは窪んでいたり、盛り上がっていたり、横の方にヒダがあったりなどシーラーを埋め込む方法や鉄板を接合させる状態に応じて形状が異なります。

不自然な仕上がり見えるような部分があった場合は、車体の反対のサイドの同じ位置を比較して修理したり部品を交換したりした痕跡なのかを判断するのが良い方法です。

そしてジムニーの車体の色々な部分はスポット溶接されていて鉄板を接合する部分に丸くて小さい窪みが幾つも並んでいる部分が少なくありません。

新車の場合は窪みの直径は5ミリメートル以上あるのが一般的です。

しかし、修理工場で改めてスポット溶接をやり直しているときには、直径が5ミリメートル以下の窪みになっていたり、穴が深く、2度打ち直しているため、ずれたりなど新車を組み立てる場合の状態とは違う特徴があります。

電気スポット溶接に使う電極が奥まっていて入らない部分などには代わりに炭酸ガスアーク溶接を施すことがあるため、スポット溶接特有の窪みが見当たらない場合もあるのです。

またジムニーの外板パネルを修理していると、組み立てるときに誤差が発生する場合があり、その誤差は隣り合っているパネルのチリと呼ばれる隙間を見れば判明します。

隙間が均等な幅になっていない場合は中古車のジムニーを過去に修理をしていることが多いです。

バンパーなどに関しては、押されるとずれてしまうことがあります。

修理していなかったとしても、隙間が不自然な場合は、なんらかの衝撃を受けている可能性が高いです。

ドアからフェンダーにかけて線の形に繋がっているモールなどの飾りや外板を折り曲げたときに形成されるプレスラインがずれている状態からも中古のジムニーの立て付けが悪い部分があることを知ることが出来ます。

このような部分をチェックして中古のジムニーに立て付けが悪い部分や過去に修理した形跡がないかどうかを確認しておくと安心して乗ることが可能です。

スポンサードリンク

ジムニーの中古状態を確認する方法

ジムニーの側面には、タイヤを覆っている前後のフェンダーアーチの部分とサイドステップ、保護カバーとしての役割りを果たすプロテクター、モールが取り付けられています。

多少出っ張っているデザインになっているため中古のジムニーは擦り疵などが出来ていることも少なくありません。

凹みや疵を見つけた場合は、損傷の度合いとダメージを負った範囲をチェックする必要があります。

交換している形跡があるかどうかも確認することが必要です。

交換している場合はカバーの奥にある部品も修理したり交換したりしている場合があります。

タイヤは、まず残っている溝の深さで摩り減っている度合いをチェックすることが必要です。

疵がないかどうかや異物が刺さっていないかどうかも確認します。

外周の地面に接してしる面が部分的に大幅に摩り減っている偏摩耗が見られる場合は、ホイールを取り付ける角度であるアライメントがずれているだけなのか、衝撃を受けてジムニーの車体そのものが歪んでしまっているのかをチェックすることが必要です。

ホイールに疵が出来ていないかどうかも確認します。

曲がったり凹んだり、変形していないかなどについても注意が必要です。

ホイールとタイヤは、サイズが合っているかどうかもチェックします。

ドアの開口部にタイヤ空気圧を示すラベルが貼ってあり、そのラベルから標準サイズを知ることが可能です。

改造している可能性があるときには、専門スタッフに相談するのが良い方法になります。

そしてジムニーの下側を覗き込むと側面の下側には車体のフロントの部分から後方にドアの下側に通っている梁があるのですが、この梁の下端を確認するのが重要なポイントです。

凹みや疵、修理している形跡などがあるかどうかをチェックします。

裏側を車両の側面から覗いたときにジムニーのドアの下側にある接合している部分を確認することが必要です。

特にスポット溶接をしている部分の状態に注意してチェックしていきます。

ジムニーの中古車のエンジンの状況を把握する

ジムニーがテールゲートに大きい衝撃を受けてしまうと交換しなければならないこともあります。

ですので中古車のジムニーはドアの状態を確認するのと同じ様にテールゲートのネジやヒンジ部分の周りの状態をチェックすることが必要です。

テールゲートを開けたときの車体の方を見てみると、横から鉄板が回り込んだ状態に接合されていることが分かります。

塗装やシーラーの状態などを確認して修理した跡が残っていないかどうかを観察してみるのが良い方法です。

中でもスポット溶接をしてある部分に違和感があるかどうかについて注意する必要があります。

コンビネーションランプを取り替えている痕跡がある場合はバンパーやピラー、フェンダーなど関係がある部分に修理をした痕跡などがあるかどうかや、衝撃を受けているかどうかなどを調べることが必要です。

中古車のジムニーはエンジンを実際にかけてみて、エンジンがかかるときの状態やアイドリング回転数などを確認します。

エンジンが稼動することが出来る状態になったらアクセルを軽く踏み込んでみて抵抗なく回転数が増えたり減ったりするのかをチェックすることが必要です。

可能であれば試乗してチェックしたいところですが、実際に試乗してみて振動が大きかったり異音がしている場合はトラブルが潜んでいる可能性があります。

エンジンの回転数が増えるのに従って大きくなる異音については、ターボ機能に関する部品に不具合を抱えている可能性が高いです。

ウインカーやヘッドライト、クラクションなどといった保安機器類を実際に操作してみて、正しく動作することをチェックする必要があります。

他に確認しておきたい保安機器類として挙げられるのはブレーキやストップランプ、バックランプなどです。その上に、エアコンは風量や温度のコントロール具合を試してみるなど電動機構に関しては、電源を点けてみるだけではなく、調整する操作を行う正しく機能していることをチェックします。

 

▲▲おすすめ記事▲▲
【スズキ・ジムニー】人気カラーは何?色見本をチェックしよう
【スズキ・ジムニー】後部座席と荷室容量や車中泊について
【スズキ・ジムニー】試乗した場合の試乗評価はどうか?ポイントは?
【スズキ・ジムニー】値引き相場についてはどうか?限度額や交渉のコツは?
【スズキ・ジムニー】オプションであるナビやパーツを選ぶには?

ジムニーが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは面倒…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、まともに聞いてもらえず

聞いてもらったところで

欲しい車に手が届かない。

そんな方にピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!

スポンサードリンク