下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!

ジムニーは本格的な四輪駆動車として世界でも通用する性能を誇っています。

国外でも様々な地域で販売されおり、累計販売台数は約300万台。

最近では街中でもよく見かけるようになったジムニーの魅力などを解説します。

スポンサードリンク

ジムニーの特徴を把握しておこう

ジムニーはスズキが1970年から販売している自動車で現在もモデルチェンジをして市販されています。

軽自動車でありながらオフロードの四輪駆動車でもあるのが特徴、伝統的な四輪駆動車を構成している車です。

小型の軽量ボディにラダーフレームやリジッドアクスル式のサスペンションを装備、大径タイヤを採用するなど悪路に対応する内容をしています。

四輪自動としては最高峰の性能を誇っている車で実際にクロスカントリー競技でもベース車として使われている車種です。

日本車ですが世界でも評価されている有名な車といえます。

45年以上も続けて作られている車ですがモデルチェンジの回数はわずか3回しか行われていないのが特徴、モデルライフが長いのもジムニーの強みです。

同一のコンセプトを設けて継続的に生産販売されている商品なので2008年にはグッドデザインロングライフデザイン賞を受賞しています。

初代ジムニーは1970年から2年間販売されているもので今となってはレトロなデザインが人気です。

オフロード車として売られていて、2速のトランスファーなどジープ同様の本格的な内容をします。

小さな工場で作られていたので小規模生産を行っていた、量産体制も整っていないのであまり作られなかったのが特徴です。

自社製の軽トラック用パワーユニットとエンジンを装備、トランスミッションも流用して作っています。

こうすることで大幅にコスト削減して生産できる工夫をしているのが強みです。

72年から76年までは初代2期が販売されているのが特徴でエンジンが空冷から水冷に変更されました。

快適な温水式ヒーターを採用して耐候性をアップしているのがメリットです。

雪国や寒冷地でも活躍している商品で、特に寒い地域で販売台数を延ばしています。

ビデオジムニーの販売も開始、カラーテレビやUマチック方式のビデオデッキも搭載している特殊な機種です。

バリエーションがかなり多くジムニーシエラや北米用といったものもあります。

スポンサードリンク

スズキのジムニーの特徴はここ!

「ジムニー」は、1970年からスズキが生産している4輪駆動の軽自動車です。

ジムニーの歴史は半世紀近く、初代が誕生して以来、改良やモデルチェンジをしながら約50年間生産されてきました。

国内にとどまらず、世界では約200カ国の地域で販売されており累計販売台数は約300万台にものぼります。

北米では「サムライ」の名称として知られており、海外ではスージーのあだ名がつけられています。

スズキを代表する世界で人気のある車種と言えます。

派生系として普通自動車版としてジムニーシエラもあります。

ジムニーは軽自動車でありながら力強い走りが期待できることです。

四駆でありながら道路状況が良くない道でも快適にドライブできるように設定されているからです。

車体はコンパクトですが、雪道やぬかるみなどでも力強く走行することができるパワーを持っています。

コンパクトなので小回りが利きやすく、狭い道路でも走りやすいために女性や高齢者の方にも人気があります。

これは、現在の車のほとんどはボディそのものが車の骨格となるモノコックボディを採用していますが、ジムニーは車の骨格であるフレームとボディが別体となるラダーフレームを採用しており、ボディがボロボロの状態になったとしてもフレームが無事であれば走破性能に全く問題がないから悪路を走破するために必要な性能が兼ね揃えられています。

また、普通自動車に比べて燃費も良く、毎年支払う自動車税も安価ですので維持費も苦痛に感じません。

ジムニーは、軽自動車でありながら優れた走行性があり、安全性も兼ね備えた車で大変人気があります。

また、最近20年ぶりにフリモデルチェンジしましたが、その人気の高さは驚くほどでオーダーしても納車までの期間がかなり長いといわれています。

多くの自動車が存在する中で競合製品のない独自の地位を得ており、世界においても高く評価されています。軽自動車の購入を検討されている方は、ジムニーを候補の一つにされることをおすすめします。

スポンサードリンク

軽自動車の人気車種ジムニー

ジムニーはスズキ株式会社が開発・販売している自動車です。

軽自動車ながらオフロードを走行することを重視した四輪駆動車で、初代モデルは1970年から販売されました。

車体の構造にラダーフレームを使用し、タイヤも直径が大きなタイプを使用しているため、泥や積雪などで路面状況が悪くても走破しやすい性能を持っています。

日本国内のみならず海外でも高い評価を受けている車種です。

初代モデル発売から時間が経過しているものの、フルモデルチェンジの回数が少ないことも特徴で、2008年には「グッドデザイン・ロングライフデザイン賞」を受賞しています。

ジムニーは初代モデルから好評を受けて販売されました。

四輪駆動車としての性能の高さはもちろん、軽自動車であるため維持費を安く抑えられるところも支持を集めたポイントです。

比較的小型のボディーでありながらオフロードを走ることができる性能から、林業に従事する人や豪雪地帯などでの荷物の運搬用として広く受け入れられました。

1998年から販売された3代目のジムニーは、それまでのデザインとは異なり丸みを帯びたボディーになっています。

フレームやサスペンションを新たに設計して、オフロードの走行性能の向上に成功しました。

2018年7月には4代目のジムニーが販売されています。

ボディーデザインは高く評価され、同年10月には「グッドデザイン・ベスト100」に選ばれたことに加えてグッドデザイン金賞(通商産業大臣賞)も受賞しました。

4代目は安全な走行のための装備が強化されていて、カメラやレーダーで衝突のダメージを軽減するブレーキや、車線を逸脱したときに警報を出す機能などが搭載されています。

また、下り坂でブレーキを自動的に制御する機能も加えられました。

ジムニーのシリーズは基本的に軽自動車が中心ですが、ジムニーシエラなど普通自動車に分類される車種もいくつか販売されています。

2018年7月にはジムニーシエラの新モデルも発売されました。

ジムニーが世界でも優秀さが認められている理由

ジムニーは日本の自動車会社であるスズキが1970年から販売している、軽自動車規格のオフロード四輪駆動車です。

車名の由来は「ジープのミニモデル」という意味をこめて、「Jeep」と「Mini」「Tiny」を組み合わせて作られました。

軽自動車にとって不利となる重量の増加や、振動のデメリットを覚悟の上でラダーフレームや固定軸サスペンションを採用しているのが特徴で、徹底した効率化と省略化が進む自動車業界にあって、あえて時代に逆行しているともいえる本格オフロード路線を追求する姿勢は、世界中の自動車マニアから高く評価されています。

販売から40年以上の歴史を誇る車種ですがモデルチェンジの回数は少なく、その設計レベルの高さから2008年には、10年以上にわたって同一の商品コンセプトで継続的に生産販売されている商品に与えられるグッドデザイン・ロングライフデザイン賞を受賞しています。

小型で軽量なボディに大型タイヤという一見するとアンバランスな組み合わせは、悪路の走破性に最適で軽自動車のみならず全ての四輪車の中でもトップクラスの性能を誇ります。

そのためクロスカントリー競技などのベース車としてもよく採用されているようです。

初期のジムニーはこうした特徴からあえて悪路に挑み走破する面白さを追求する車でした。

しかし近年ではこうした趣味としてドライブを楽しむユーザーだけでなく、デザインの良さからスーパーなどへ買い物に行くのに使う街乗りユーザーも増えてきたため、舗装路を意識したタイヤサイズの変更が進んでいます。

またジムニーは基本的には軽自動車規格のオフロード四輪駆動車ですが、ジムニーがスズキを代表する人気モデルとなったことから近年では、普通自動車規格のジムニーシエラやジムニーワイドといった車種も販売されています。

シエラは山脈を意味する英語「SIERRA」からとられていますが英語圏では「Suzy」の愛称で販売されているようです。

 

▲▲おすすめ記事▲▲
【スズキ・ジムニー】人気カラーは何?色見本をチェックしよう
【スズキ・ジムニー】後部座席と荷室容量や車中泊について
【スズキ・ジムニー】試乗した場合の試乗評価はどうか?ポイントは?
【スズキ・ジムニー】値引き相場についてはどうか?限度額や交渉のコツは?
【スズキ・ジムニー】オプションであるナビやパーツを選ぶには?

ジムニーが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは面倒…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、まともに聞いてもらえず

聞いてもらったところで

欲しい車に手が届かない。

そんな方にピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!

スポンサードリンク