下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!

新型ジムニーは男女問わず幅広い年齢層に大人気です。

ジムニーが売れまっくている人気の秘密とはなんなのでしょうか?

ジムニストと呼ばれる熱烈なジムニーファンまでいるその魅力を探ります。

スポンサードリンク

ジムニーの人気があがっています

ジムニーは幅広い世代に人気がありますが、いろいろなメリットがあります。

例えばかなり頑丈に作られていて、オフロード系の競技ベースの車両になるほどです。

頑丈さの秘密はラダーフレームや固定軸サスペンションになります。

一般的な車はモノコックフレームという作りになっていて、タイヤより上のすべてがフレームという作りです。

さまざまな場所に負荷を分散させることができ、乗り心地の良さを実現することができます。

ジムニーの場合はラダーフレームになっていて、ハシゴのような形でその下に4つのタイヤがあります。

お陰で強いフレームを実現することができ、軽トラックと同じような作りです。

重い荷物も気軽に積めることができるので、毎日のお買い物にも重宝します。

普通車と違って固定軸サスペンションになっており、一般的に普通車の場合それぞれタイヤが付いていて、いわゆる四つん這いの姿勢でタイヤをころころと転がして走るような感じです。

段差があると片手や片足によってうまく段差を吸収することができます。

ジムニーの固定軸サスペンションのイメージは、まるで割りばしの端にタイヤが付けられているような感じで、片方が跳ねたら別の片方が沈むという形式です。

この特性によってオフロードにおいてかなりの走破性を発揮することができるでしょう。

車は数年サイクルで形が変わっていくものですが、ジムニーの場合小さな変更がありますが基本的な構造には変化がありません。

旧モデルと新モデルではパーツの互換性があるので修理するにも便利です。

ジムニーは昔から固定ファンが多く、ずっとこの種類を乗っているという人もいるでしょう。

オフロードにおいて威力を最大限に発揮することができますが、毎日の生活にも十分活用することが可能です。

ちょっとした買い物に使ったり、セカンドカーとして所持している人が多くいます。

軽には思えないボディサイズで、かわいらしい形状から女性に人気があります。

スポンサードリンク

ジムニーの人気の秘密とは

ジムニーは1970年に発売されて以来長く愛されている自動車です。

軽自動車という位置付けで、手軽さが魅力なのですがオフロードの走破性に関してはとても優れているのです。

四輪駆動車として優れた性能と走破性は常に進化し続けているからなのです。

基本的な構造としてはラダーフレームやパートタイム四駆トランスミッションなのですが、細かいところで進化しています。

ボディデザインは基本的に直線的な形になっており、長く人気を維持している要因でもあります。

走行性能が良いのは足回りだけではなく軽量であるということも大きな要因です。

他の四輪駆動車では登れないような坂道もジムニーなら登ることが可能なのです。

ジムニーもマイナーチェンジする都度本格オフロードなのか広く支持されるデザインなのか迷っている時もありました。

確かにその時期はあまり売上も良くないということになり、やはりジムニーは荒れた道も難なく走破できる自動車であるということが人気なのです。

他にジムニーの特徴としては長く乗ることができるということです。

丈夫な車体ということがその原因でもありますが、デザインが大きく変わらないということもあります。

その世代のジムニーを愛しているユーザーが多いということです。

そして最近発売されたジムニーシエラも人気の理由があります。

オーバーフェンダーにこれまでの直線的なスタイルと、より強くなったフレームが高い走破性を実現しているのです。

どのような時にジムニーの四輪駆動が役に立つのかわからない、どういう走行をすることがあるのか実感できないという人もいるかもしれませんが、身近なところでは雪道ではないでしょうか。

滑りやすい路面でも走行できるということです。

もちろん海や山に行くような人はその走破性を実感することもできます。

このような長い人気があるのはそれなりに理由があり、外観も性能も常に進化し続けているのが人気の理由なのです。

スポンサードリンク

ジムニストに聞くスズキジムニーという車

初代が発売されて早数十年、スズキジムニーは今なおジムニストと呼ばれる熱烈的ジムニー愛好家を中心として幅広いファン層を持っており、その納車時期は3か月だとも6か月だともいわれているほどです。

スズキジムニーの一番の特徴はやはり「軽自動車とオフロード車の両立」にあると言われています。

本来、道なき道を走るオフロード車は重量、エンジン、足回りといった様々な要素を備えている必要があり、その実現のためには高い排気量を誇る数百万円台の本格車でなければならず、軽自動車でまともなオフロード車など不可能である、というのが一般論でした。

しかしながら、スズキジムニーは長年にわたり、この分厚く高い壁を乗り越えようと努力を重ね、モデルチェンジの度に一歩、また一歩とオフロード車に迫ってきたのです。

そして、しばらく前の2018年夏頃、ついに4代目スズキジムニーが発売されました。

未だに納車待ちが続いている状況ですが、その中身はまた一歩オフロード車に近づきつつも、街乗りにも対応したといっていいでしょう。

オフロードでの乗り心地については、これまで通りの4輪駆動は勿論のこと、一部のタイヤが溝にはまったときに自動的に溝にはまったタイヤの動きを止めることで空転を防ぎ、速やかに溝やぬかるみから脱出するシステムを採用。

乗り心地に関しても、ジムニストをして「オフロード車として最低限の乗り心地」「乗るタイプの拷問具」「降りた時の開放感を味わえる素晴らしい車」などの酷評を受けていた3代目に比べるといくばくか改善され、4代目スズキジムニーでは街乗りでの乗り心地が「まあ乗れなくもない」「後部座席を使わなければ十分乗れる」といった意見も散見され、オフロード性能を高めつつも、街乗り用にその外見に惹かれて購入する人間によるニーズが高まっていることに配慮したのではないか、と界隈では考察されています。

これらの理由により、この車は4代目のモデルチェンジに伴ってより一般受けする変な車と化したのではないでしょうか。

スズキジムニーの魅力とは

ジムニーは低燃費が売りの軽自動車メーカーであるスズキが、1970年代から製造しているオフロード4輪駆動車です。

小型軽量の軽自動車ですが、悪路の走破力は大型のSUV車に匹敵するほど高く、ジムニーでなければ走れない場所が存在します。

このため林業の現場や降雪量の多い山間部では、この車がなければ生活が成り立たないという人もいるほどです。

ジムニーの強みはボディとは別体の堅牢なシャーシを備えていることで、過酷な環境でも走り続けられるタフさを備えている事です。

最近の自動車はモノコックボディが採用され、エンジンや車軸などの走行に必要な装置がボディと一体化されています。

モノコックボディであれば車体を軽量化でき、燃費性能が良いという利点があります。

その代わりにボディの上部が破壊するとエンジンや足回りの構造も大きなダメージを受けてしまい、走行ができなくなってしまいます。

これに対してジムニーはモノコックボディ式ではなく、エンジンやその他の走行に関係する装置類は堅牢なシャーシに取り付けられています。

シャーシの上にカバーのような形でボディーが取り付けられているので、事故などでボディが破壊されてもシャーシが無事であれば走行をすることが可能です。

もしも崖から転落してボディが甚大なダメージを受けたとしても、シャーシに取り付けられたエンジンやその他の走行装置が無事であれば走行ができます。

昔の自動車はシャーシとボディが別れた構造でしたが、現在はほとんど採用されていません。

ジムニーは走行性能と信頼性を維持するために、あえて古い技術が使用されています。

ジムニーは他のオフロード車と比べて小型軽量であるという特徴があり、狭い場所でも走破することが可能です。

そのため、整備されていない山間部のオフロードでジムニーしか走れないような場所がたくさんあります。

車体重量が軽量なので、急勾配の場所でも重力に逆らって走破することができます。

 

▲▲おすすめ記事▲▲
【スズキ・ジムニー】人気カラーは何?色見本をチェックしよう
【スズキ・ジムニー】後部座席と荷室容量や車中泊について
【スズキ・ジムニー】試乗した場合の試乗評価はどうか?ポイントは?
【スズキ・ジムニー】値引き相場についてはどうか?限度額や交渉のコツは?
【スズキ・ジムニー】オプションであるナビやパーツを選ぶには?

ジムニーが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは面倒…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、まともに聞いてもらえず

聞いてもらったところで

欲しい車に手が届かない。

そんな方にピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!

スポンサードリンク