下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!

新型の軽ジムニーとジムニーシエラの違いについて解説しています。

車両価格や燃費の比較、車体サイズなどにどれだけの違いがあるのか?

ジムニーとシエラの違いがよく分からないという方は参考にしてください。

スポンサードリンク

ジムニーVSスズキ・シエラの車両価格と維持費の比較について

軽自動車のスズキジムニーVSスズキ・シエラの車両価格を比較すると次のようになります。

軽自動車のスズキの新型ジムニーの車両価格は一番下のグレードで定価145万円で、最上位グレードで184万円です。

それに対して普通自動車の新型ジムニー・シエラの車体価格は一番下のグレードで定価が176万円で、最上位グレードで210万円です。

最上位グレードのJC及びXCには、デュアルセンサーブレーキサポートを含めてスズキセーフティサポートが標準搭載されています。

その他のグレードにデュアルセンサーブレーキサポートを含めてスズキセーフティサポートを付けるには、メーカーオプションの42,120円が必要になります。

軽自動車のスズキジムニーVSスズキ・シエラの維持費を比較すると新車購入後の3年間の推定維持費用の予想は次のようになります。

軽自動車のスズキジムニーに掛かる費用は、自動車取得時にかかる取得税が26,100円で、自動車税と重量税がそれぞれ10,800円と9,900円掛かります。

自賠責保険と任意保険の料金はそれぞれ、36,920円と112,890円掛かります。

また燃費も軽自動車のスズキジムニーの方がいいので、ガソリン代金も安く済みます。

それに対してスズキの新型ジムニー・シエラに掛かる費用は、自動車取得時にかかる取得税が44,400円で、自動車税と重量税がそれぞれ34,500円と36,900円掛かります。

自賠責保険と任意保険の料金はそれぞれ、39,120円と112,010円掛かります。

また燃費が普通自動車の新型ジムニー・シエラの方が悪いので、同じ走行距離を走った場合にはより燃料費が必要になります。

そしてこれ以外にも3年間乗るとタイヤ交換やオイル交換なども必要です。

純正のタイヤとオイル交換を同じ回数繰り返したと想定すると軽自動車の方が費用が安くなります。

もろもろの費用を合計すると軽自動車の方がかなり安いです。

スポンサードリンク

ジムニーVSスズキ・シエラの大きさについての比較

ジムニーもジムニーシエラもスズキの製造販売する自動車です。

ジムニーとジムニーシエラは軽自動車と普通車の違いがあるといわれますが、基本的には大きく違っている点は少ないという人もいます。

ジムニーVSスズキ・シエラで見ると車体サイズに違いがあるという点が指摘されているのです。

つまり大きさが違うということなのです。

ジムニーの車体については全長が3395ミリ、全幅が1475ミリ、そして、全高が1725ミリとなっています。

それに対してシエラの車体は、全長が3550ミリで全幅が1645ミリ、そして、全高が1730ミリとなっており、シエラの方が大きいということなのです。

室内の広さについては、ジムニーもシエラも室内長が1795ミリで、室内幅が1300ミリ、そして室内高が1200ミリとなっていて、同じになっています。

ホイールベースは2250ミリと、室内の広さと同様にほぼ完全に同じということなのです。

この2つの自動車は、全長と全幅で15センチくらいの違いがあって、シエラは普通車使用になってはいますが、室内空間などはほとんど軽自動車ということなのです。

なぜこうしたことになっているのかという点については、どちらの自動車も同じ車体やプラットフォームが使用されているからということなのです。

ただ、そうはいっても全く同じというわけではなく、全長と全幅で15センチほどの違いがあるのはデザインの違いがあるからだといわれ、盛り上がった形のフェンダーアーチモールが後者には施されているのですが、前者はプレスラインがそのまま施されているといった違いがあるからということなのです。

これらの車を比較してみると全長などの大きさに違いがあるといわれていますが、外観的な特徴が本当に似ており、二つの車が並んで停まっていると見分けるのが難しいくらいよく似たデザインになっているという人なども多いのがスズキのこれらの2つの種類の自動車なのです。

スポンサードリンク

ジムニーVSスズキ・シエラの燃費を比較する

ジムニーは日本の自動車メーカースズキが製造・販売するオフロード四輪駆動車です。

初代は1970年に発売が開始されて、その後もモデルチェンジが繰り返され販売され続けています。

1977年に輸出使用のエンジンを搭載したモデルを国内でも販売することになった時に軽自動車の基準を超えていたため、普通自動車として登録されました。

そのため、ジムニーには当初からの軽自動車タイプと普通自動車タイプの両系統があります。

普通自動車のジムニーには、軽自動車と区別するためシエラという別称が与えられています。

ジムニーVSスズキ・シエラの燃費を比較すると次のようになります。

まず軽自動車タイプのジムニーには、R06A型と呼ばれる658ccの直3DOCターボエンジンが搭載されています。

国際的なモード燃費の測定方法であるWLTCによる燃費が発表されていますが、それによると、1ℓあたりの走行距離は、5速MTモデルでは、WLTCモードで16.2km、市街地モード14.6km、郊外モード17.5km、高速道路モード16.5kmとなっています。

また、4速ATモデルでは、WLTCモードで13.2km、市街地11.0km、郊外13.9km、高速道路14.2kmです。

次に普通自動車タイプのジムニー・シエラには、K15B型と呼ばれる1460ccの直4DOHCエンジンが搭載されています。

カタログによるとスズキ・シエラの燃費は、5速MTモデルでは、WLTCモードで15.0km、市街地12.8km、郊外15.8km、高速道路15.9kmとなっていて、4速ATモデルでは、WLTCモードで13.6km、市街地11.2km、郊外14.7km、高速道路14.6kmです。

このように5速MTモデルどうしで比較すると、軽自動車であるジムニーが燃費の良いことが分かります。

一方、4速ATモデルでは、エンジンのチューニングの最適化も含めて、シェラの排気量の大きなエンジンが有効に活用されて燃費がよくなっていることがわかります。

ジムニーVSスズキ・シエラの試乗について

VSスズキ・シエラのベースとなっているのはもちろんジムニーで、バンパーを大きくし樹脂製のオーバーフェンダーを被せて全幅を170mm、トレッドも130mm広げ一段とカッコよくなっています。

ジムニーと大きく違うのはパワーユニットです。

一回の燃料で走る走行距離が一気に長くなり、力強さもあります。

そのため、燃費が良く価格が最小限に抑えられることでも有名です。

車は停まった状態から急に走り出そうとしてもスピードがなかなか出ないですが、VSスズキ・シエラはパワーがあるので最初から速く走ることが出来ます。

予定に遅れそうになった時にもこれなら安心です。

また、振動を最小限に抑えているため乗っている人に負担をかけない作りになっています。

急ブレーキをかけすぎてしまうと、酔ってしまう事がありますがその可能性も減るのでよく酔ってしまうという方にも嬉しいポイントです。

高速道路では特に他の車との差が理解する事が出来ます。

何よりもVSスズキ・シエラは安全装備が整っています。

コントロールがうまくいかなくても車がコントロールしてくれ、上手に曲がることが出来たり乗り心地も最高なのでゆったりとした気持ちで運転する事が可能です。

安全装備の充実は家族で旅行に行く予定がある人にも嬉しいポイントとなっています。

事故をせず、安全に無事に帰ってこられるようにサポートします。

試乗をすることでこれらが本当の事なのかが分かります。

車の乗り心地や操作のやり易さは人それぞれ感じ方が違うため、一度試乗して経験しておくことが大切です。

もし自分に合わないと感じるのであれば店のスタッフがそのような点が気に入らないのかを尋ね、一番合っているものを提案してもらえます。

VSスズキ・シエラは現在とても近代化している車として有名で人気なので気になる方は一度試乗してみる事をお勧めします。

きっと、ほとんどの方が乗り心地が良く気に入ったと感じるはずです。

試乗をする際には、近くの店舗に寄ってみることが出来ます。

 

▲▲おすすめ記事▲▲
【スズキ・ジムニー】人気カラーは何?色見本をチェックしよう
【スズキ・ジムニー】後部座席と荷室容量や車中泊について
【スズキ・ジムニー】試乗した場合の試乗評価はどうか?ポイントは?
【スズキ・ジムニー】値引き相場についてはどうか?限度額や交渉のコツは?
【スズキ・ジムニー】オプションであるナビやパーツを選ぶには?

 

ジムニーが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは面倒…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、まともに聞いてもらえず

聞いてもらったところで

欲しい車に手が届かない。

そんな方にピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!

スポンサードリンク