下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!

新型ジムニーの魅力とはなにか?なぜこんなにも人気となっているのでしょう。

もちろん良い評価ばかりではありません。辛口な評価もされています。

新型ジムニーのオーナーさんの実際の感想などを紹介しています。

スポンサードリンク

ジムニーの良いところはいくつもあり魅力を感じることができます

ジムニーは軽自動車でありながら4WDという設定です。

良いところを紹介すると、いくつかの独自性を見出すことができ、軽自動車では車高がかなり高めに設定されていることを挙げられます。

大型のタイヤを標準装備していて、車高が高いために、オフロードではかなりの走行性能を発揮できます。

例えば悪路を走行させている際に前方に障害物などがあっても、ジムニーの場合では問題なく走行させられる魅力があります。

普通の自動車では水没してしまうような川でも走行可能になり、泥道でも雪道でもストレスなく走行できることに定評があります。

良いところは他にもあり、フレームに注目することができます。

かなり頑丈に作られているフレームを持った車種になるので、新車で購入をしても長い年数にわたって目立ったトラブル無しに乗ることができるという耐久性に魅力もあります。

ジムニーは4WDになりますが、2WDと切り替えを行えることにも良いところがあります。

普段の市街地走行などの場合では2WDで走行させて燃費をアップさせることもでき、オフロードの走行では4WDへと自由に切り替えることを可能にしています。

軽自動車に分類されている排気量なので、自動車税が普通車よりもかなり安くできることも良いところとして考えることもできます。

維持費が安いことは軽自動車のメリットになりますが、ジムニーの場合では優れた走行性能を発揮しながらも新車価格が他のクロスカントリー車と比較してもかなり安く設定されていることも特徴です。

 良いところはアフターパーツが充実している点も挙げることができます。

メーカー純正品のパーツ類も沢山用意されているのですが、ジムニーの場合では各車体において複数のメーカーから社外品としてのパーツが販売されています。

走行性能をより一層高めることや、安全性を高めるためのパーツもありますが、ドレスアップを希望している人にとっても購入意識が高まるような魅力あるパーツが沢山あることも良いところです。

スポンサードリンク

ジムニーに対する辛口評価のまとめ

「ジムニスト」と呼ばれる熱狂的なファンに愛され続けて数十年、4回のモデルチェンジを繰り返し、今なお納車待ちが数か月と言われるほどの人気を誇るジムニーなんですが、その評価はこの車の誕生以来ずっと変わらず賛否両論です。

さらに言えば、ジムニストによる好意的なバイアスのかかった評判だけを見て買った人間にとってはとても乗れたものではなく、口コミや掲示板上、あるいは普通の車好きの間でも辛口の評価を耳にする機会が多い車です。

ジムニーの辛口評価として昔からよく言われているのは大きく分けて3点、燃費、乗り心地、そして車重とされています。

まず燃費についてですが、これは実燃費約10km/Lほどとされており、同社、同価格帯のスズキシエラを始めとした多くの軽自動車に大差を付けられており、モノによってはダブルスコアどころかトリプルスコアを付けられる始末。

はっきり言って街乗りやドライブ目的で燃費節約、自動車費節約を求めて購入する層に不向きであるというのは正鵠を射ているといえるでしょう。

次に乗り心地についてですが、これもはっきり言って正しい。

元々がオフロード車寄りの設計であるためにどうしても走破性と引き換えに乗り心地を犠牲にしていることは否めず、オフロード走行時はいざ知らず一般道、高速道路走行時ははっきりいってひどいものです。

四人乗り仕様ではもはや後部座席の人間が足を延ばすことなどまず不可能であり、運転手も1時間に1回は外に出て休憩すべきだ、という意見もあります。

ですが、以前まで一番の問題であった車体の揺れに関しては最新のモデルチェンジでかなり改善されており、乗れなくもない、程度までには改善されたとの声もあります。

最後に車重について、これはいうまでもなく1000㎏超えの車体が軽自動車のサイズに圧縮されていることから、必然的に溝にはまった時などに脱出させることが難しい、ということです。

これはジムニーに限った話ではなく、軽自動車以外の一般車では普通に起こりうる現象に対して免許取りたての人間や軽自動車専門の人間では対処が難しい、という側面もあるのではないかと考えられます。

スポンサードリンク

ジムニーの良い評価と不満な評判

 

全体的なジムニーの評価は高水準と言えます。

車の評価は外観のデザインと機能性が求められるエクステリアに内装のデザインと機能性に分類されるインテリア、パワーや滑らかさなどが関わってくるエンジン性能、操作性や走り心地のチェック項目である走行性能、走行中の快適さで良し悪しが変わる乗り心地、利用者が一番気にする燃費と価格から割り出されるものです。

それらを総合した評価は平均値を超えているものの、細かいところを見聞すると不満気な評判がそれぞれであります。

例えばこだわる人がこだわる外観のデザインもといエクステリアは賛否両論です。

ジムニーはマニアックな車であるため、その外観は一般車両というよりも森林など自然が多い地帯で走行するようなデザインをしています。

そもそもクロスカウントリーの走行を目的としているので当然ですが、そうした外観はJA11以前のジムニーで、JA11以降は丸みを帯びた新しい外観が主流です。

それに対して愛好者の一部では「角ばったデザインのほうが良かった」と反発しています。

もちろん好評なコメントもありますが、インテリアに関しても「日常的には使いづらい」や「カップホルダーの取り付け位置が悪いので、後で何とかしなくてはいけない」など不満気な評判が数多いです。

特に不平不満が多い項目は乗り心地に尽きます。

元々ジムニーは乗り心地よりも走行を優先している車であるため、はっきり言って乗り心地は悪いです。

静粛性はなく、車体も狭いうえに些細な段差でも跳ねる事があります。

また悪路でリフトアップした車体ほど横転しやすいところもデメリットです。

そんなジムニーで十中八九、良い評判を受ける項目はエンジン性能と走行性能が挙げられます。

車体にふさわしい力強さは加速を助け、安定した高速が可能です。

おかげで「雪道でも安心感がある」といった走行のしやすさを評価するコメントがよく見かけます。

ただし燃費が悪いところはネックであるものの、好きな人からは「たまらない」と言われている車であることに違いはありません。

ジムニーのオーナーさんの評価や満足度は非常に高いです

ジムニーのオーナーさんの多くは、もともとこの車種を知っていて、その性能を知りながら購入していることが多いものです。

軽自動車という枠の中でも四輪駆動車としてかなりの性能を発揮できる車種として古くから評判が良く、単に四輪駆動車というだけではなく最低地上高が高くタイヤサイズもインチ数が大きいので、悪路走行にかなり向いていることが評価の対象になります。

どちらかと言えば男性向けのようなデザインで、武骨でクールなイメージも満足されている理由として挙げることができます。

ジムニーは一度発表されると次のモデルチェンジまでの年月が長いことでも知られています。

長く乗り続けるオーナーさんにとってはこの点にも評価をしていることも目立ちます。

普通の市街地や国道などを走行させる際にも運転席シートの位置が普通の軽自動車よりも高い場所に設定されているので、運転席に座ってみても分かる通り、視界もかなり良好なことも評価されています。

オフロードや山道の悪路、積雪道路などを走行させる際には、四輪駆動に切り替えする方法で、基本はどのような道でもスタックしてしまうことがありません。

障害物などがオフロードでは多い傾向にあり、普通の自動車の場合では避けて走行させることが必要です。

しかし、ジムニーの場合では地面とフレーム位置の隙間が十分にあるので、その上を通過することも決して不可能ではありません。

パーツの多さにもオーナーさんにとっては満足できる内容があります。

社外品で販売されているパーツ類は非常に数多くあり、インターネットを利用してみると専門店まで見つけることができます。

長い期間にわたって乗り続けることができ、パーツで楽しめる車種、そして頑丈に作られているので壊れてしまう可能性が低いという面にも評価される一面があります。

初来的に乗り換えを検討しているオーナーさんでも、中古車での価値が高めなので、買取額が高いことも満足できる内容として挙げることができます。

ジムニーが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは面倒…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、まともに聞いてもらえず

聞いてもらったところで

欲しい車に手が届かない。

そんな方にピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!

スポンサードリンク