下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!

大人気の新型ジムニーですが納期は6ヶ月~1年以上となっているようです。

スズキの予想を遥かに上回る勢いで売れ続けている新型ジムニー。

納期短縮の為に増産体制を整えたという情報もありますが、どうなのでしょうか?

スポンサードリンク

新型ジムニーの納車状況については随時最新ニュースを調べることが肝心

新型ジムニーは2018年の7月に20年振りとなるモデルチェンジを果たしました。

この車種は元々が人気の高い自動車として知られていることの他、愛好家もかなり多く全国各地で走行しています。

20年振りのモデルチェンジとなったことをきっかけにして、オールドユーザーから新規のユーザーまで取り込んでいることも特徴です。

そのため、かなりの人気ぶりを発揮していて、販売開始と同時に注文が殺到していることも事実です。

早い段階でタイミングが良ければ3ヶ月間から6ヶ月間程度で納車される購入者も存在していますが、それ以降の購入者の状況はかなり違いがあります。

ディーラー側でも当初は約1年間後に納車となる内容を発表したように、製造台数が追い付いていないことも実情です。

軽自動車で1年待ちという状況は非常に珍しいことでもあり、今までに同様のことが無かったことも事実です。

メーカーはあまりに長い納車期間になると、離れていくユーザーが出てしまうことも懸念しているようで、2018年の9月には1本だった製造ラインを2本にするという内容も発表しています。

このことで製造台数を倍にすることができるようになったので、最新の納車情報ではジムニーは6ヶ月から8ヶ月程度の納車状況と考えることができます。

様々な情報を見てみると、ジムニーのグレードによっても違いがあると推測できます。

新型ジムニーは最上級グレードが人気になり、注文している方が多いのでそれ以外のグレードのジムニーの場合では、もっと納車タイミングが短くなるという可能性も否定できません。

それでも契約から1ヶ月から3ヶ月程度という短期間で納車されることは考えにくいとも判断できるので、購入された方は気長に待ってみることもおすすめになります。

この車種については競合しているライバル車が実質上存在していないことになるので、ある意味では納車状況が長くなってしまっても、十分に待つことにも価値を見出すことができます。

スポンサードリンク

新型ジムニーの納車待ちの状況は珍しいと判断できます

2018年に発表された新型ジムニーは軽自動車と普通車に分けることができますが、もともと人気の車種であり、モデルチェンジを待ち望んでいた方が非常に多いことから、発表後には約15,000台以上もの受注をしているとも言われています。

購入を希望した方の中には、直ぐに契約を済ませている方も数多くいて、この中の数千人については1ヶ月から3ヶ月程度の納車期間になることが多いようです。

しかし、それ以降に契約を結んだ方のケースでは最大で1年間の納車待ちが必要という情報も溢れています。

軽自動車で考えた場合、1年の納車待ちというのは今まで他メーカーも含めてあり得ない期間として考えることができます。

それだけ注目度の高い車種であると判断することができますが、メーカー側はスタンスとして納車があまりに遅れてしまうと購入者に迷惑を掛けてしまうことを想定していて、契約するタイミングなどを伝達しているという情報もあります。

長い期間にわたって納車されない状況では購入者にとっても、その期間に他の車種に心変わりをしてしまうという可能性も否定できません。

メーカー側もこのことについては十分な対応をとっていることも事実になり、2019年以降については月産の生産台数を今までよりも拡大することも分かっています。

半年程度が経過すると徐々に購入希望者は減少していくことも想定されているので、最大で1年間の納車待ちとしながらも、実際には2019年以降では急ピッチで納車できる可能性は十分に出てきます。

想定を大きく上回る人気を得ていることになり、メーカーの工場ラインはもともと小規模でもあったために、この事態に発展したと推測できます。

ある程度の期間を待つことを覚悟することが必要ですが、新型ジムニーは待っていても損をしない走行性能を発揮しているので、心待ちにしている方でも納車されるまでの時期を上手くやり過ごす覚悟を持つことも大切です。

珍しい状況ではありますが、1年待ちというのはあくまで想定なので、もっと短くなるという可能性はあります。

スポンサードリンク

ジムニーの納期に関する最新情報

スズキを代表する、ロングセラーで人気のジムニーは、納車に時間が掛かることでも有名です。

2018年にフルモデルチェンジを果たしたこの車は当初、納期に1年以上を要するといわれていました。

一般的には1ヶ月ほどで納車されるのが普通ですし、人気車種でも3ヶ月位で手元に届くものです。

しかし、ジムニーはあまりも予約が殺到した為に、納車までの期間が大幅に長くなったと思われます。

一時期は3年待ちという噂もありましたが、現在は生産体制を見直したからか、納期が短くなったといえるでしょう。

納車報告やディーラーによる最新情報によれば、今では遅くとも半年程度で納車されるとのことです。

しかも、更に増産体制を強化していますから、4ヶ月位に短縮される可能性が高いです。

納期が1ヶ月になるのはまだまだ先でしょうが、少なくとも3ヶ月待ちで済むように改善されるのは時間の問題です。

増産体制は、早くも2019年の早期から運用されるので、2018年現在に比べてより納期の短縮が実現すると見込まれます。

最新情報は常に更新されていますし、スズキもジムニーの人気を理解したり顧客のニーズを分かっているので、もっと納車が早くなる可能性にも期待できます。

今後の最新情報にもアンテナを張っておくことで、いち早く納期短縮のニュースが受け取れるでしょう。

同じスズキでもシエラは1年待ちですが、ジムニーの方は2018年10月の時点で、一足早く半年の納期短縮を達成しています。

8月の時点だとジムニーも1年待ちだったので、僅か2ヶ月程度で納期を半分に短縮できたということが分かります。

これはスズキの努力が表れた結果ですし、どれだけジムニーに力を入れているか分かる事例でもあります。

2019年に増産体制の実現が達成できれば、納期が再び半分になる可能性が出てきます。

ジムニーの人気は本物で、1年待ちの時期があったのも事実ですが、現在は解消されて現実的な半年待ちとなっています。

新型ジムニー、増産で納期が早まるという話

ついに新型ジムニーが登場しました。

モデルチェンジの噂が流れた時点でクルマ好きの間では話題沸騰となり、ネット上での反響としては2018年で最もアクセス数が多く、盛り上がったという記録を残したことからも、高い期待と人気を持って登場した一台と言えます。

新型がデビューした7月当初、軽自動車としては前代未聞の納車まで2年待ち、普通車登録のシエラは3年待ちという状態にもなったジムニー。

メーカーであるスズキもここまで人気になるとは予想していなかったらしく、生産体制をそこまで合わせていなかったというのが理由のようです。

ですが、スズキの発表によると2019年1月から生産体制を1.5倍に増強することを決定したとこことで、納期が早まることが決まっています。

たとえば、購入時に納車が来年1月以降という予定の場合、納期が2/3程度になると予想されます。

つまり納期が1年半と言われている場合は約1年、同じく2~3年と言われたシエラは、約1年半~2年程度になるということです。

ただ、それでも長いことには変わりありません。そこまで納車を待てない、どうしても納車を早めたいという場合は、他の手もあるようです。

スズキのディーラーで新車を買うのではなく、中古車販売店で新古車として流通しているジムニーを探すという手段です。

新古車とは、ディーラーが新車を展示する際などに登録だけして、中古車として流通させている車のことで、一般的な中古車と違って、オーナーとしては誰も乗っていない車です。

ディーラーに展示されていたり、試乗に使われたりという程度に走ったり乗り降りされたりはしていますが、基本的にコンディションとしては新車と同等です。

最近、国道などを走っていると道すがらの中古車販売店でそういった新型ジムニーを目にする機会が増えています。

もちろん、選べるグレードやカラー、オプションは限られますが、どうしても新型ジムニーの納期を早めたいという人は、新古車も選択肢に入れてみるといいでしょう。

 

▲▲おすすめ記事▲▲
【スズキ・ジムニー】人気カラーは何?色見本をチェックしよう
【スズキ・ジムニー】後部座席と荷室容量や車中泊について
【スズキ・ジムニー】試乗した場合の試乗評価はどうか?ポイントは?
【スズキ・ジムニー】値引き相場についてはどうか?限度額や交渉のコツは?
【スズキ・ジムニー】オプションであるナビやパーツを選ぶには?

ジムニーが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは面倒…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、まともに聞いてもらえず

聞いてもらったところで

欲しい車に手が届かない。

そんな方にピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!

スポンサードリンク