下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!

新型ジムニーの燃費を少しでも燃費を向上させるには?

2WD走行時の燃費性能はどれほどなのでしょうか。

以前よりは改善されてたといわれる燃費性能について確認してみましょう。

スポンサードリンク

新型ジムニー(AT車)の燃費性能とは

新型ジムニーは、AT車(4速)とMT車(5速)のどちらかを選べるようになっています。

JC08モード燃費(カタログスペック)ですが、リッターあたりMT車が16.2kmでAT車は13.2kmです。

AT仕様のジムニーに使用されているトルクコンバーターにはロックアップ機能を搭載されていないため、エンジン出力のロスが大きいというデメリットがあります。

このため、MT車と比べると大幅に燃費が悪くなってしまいます。

ちなみにジムニーの燃費性能はグレードには関係がなく、トランスミッションの種類による違いだけです。

実際にジムニーで公道を走行した場合のリッターあたりの燃費ですが、市街地走行で約9.1kmという結果が報告されています。

リッターあたりの走行距離が10km以下の数値は、軽自動車としてはかなり悪い部類に入ります。

郊外路の場合は12.7kmで、これはカタログ値とかなり近い数値です。

他の軽自動車やエコカーと比べると低い数値ですが、カタログ値との差を見るとかなり優秀です。

高速道路を走行した結果ですが、リッターあたり約9.3kmとなっています。ジムニーはオフロードの走行を重視しているため、高速走行が苦手という特性があります。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/special/bestcar/vol2.html

高速走行時(100km/h)はエンジンの回転数が4000rpmと高く、かなりエネルギー効率が悪くなってしまいます。

多くのAT車にはトルクコンバーターにロックアップ機能が搭載されているため、高速道路を走行するとエネルギー効率が良くなります。

これに対してジムニーのトルクコンバーターにはロックアップ機能が搭載されておらず、タイヤの転がり抵抗が大きい上に排気量が660ccの小型エンジンを搭載していることから高速道路の上り坂で速度を維持できずにキックダウンをする場面が多いです。

このため、高速走行時の燃費が市街地とほぼ同レベルの水準に低下します。

ジムニーは整備が不十分な山間部の林道やオフロード走行には非常に強いのですが、街乗りや高速道路は苦手であることが分かります。

スポンサードリンク

ジムニーの実燃費は意外とのびない。燃費確認する方法はあります。

ジムニーは昨今の低燃費重視の軽自動車業界の中では、少し異質な存在なのかもしれません。

今の販売されている軽自動車の多くは低燃費を売りにしていて、実際に1リッターあたり30キロメートル走行可能な車種もあります。

ジムニーの実燃費は18~20前後です。

これでも昔よりはかなり改善されているので、企業努力を感じることが出来ます。

燃費は運転者の技術で大きく変わるものです。

基本的にはアクセルを強く踏み込んだりすることは燃費の悪化につながるといわれています。

アクセルを強く踏み込むとエンジンの回転数は一気に上昇して無駄なエネルギーを消費することになります。

車を停止させる時も同じことが言えます。

急ブレーキを踏んで止まるのではなく、まずはアクセルから足を離してエンジンブレーキで徐々にスピードを落としていきます。

その後ゆっくりとブレーキを踏むことで車は余計なエネルギーを使うことなく停止することができます。

燃費確認する簡単な方法は走行距離を燃料で割れば1リッターあたりの走行距離が分かります。

最近の車はワンタッチで燃費を確認することが出来るので、ここまで面倒な作業は必要ありません。

一時期話題になった燃費向上させる商品はほとんどのものが効果がないといって良いでしょう。

ガソリン代を削減したいのであれば、ハイブリッドカーに乗り換えるか、電気自動車などの新しい技術を搭載した車に乗り換えることがおすすめです。

また、タイヤも大きく関わってきます。

自動車の中で路面と唯一接触しているのがタイヤです。

タイヤがスムーズに転がるための必要なのは抵抗を減らすということです。

自転車を考えてもらえば分かりやすいと思いますが、少ない力で効率よく走行するには細いタイヤの方が適しています。

さらに重いよりは軽い方が簡単に動かすことができるので、重いものはなるべく装着しないようにしましょう。

エコタイヤ、低燃費タイヤと呼ばれる製品を選んでおけば間違いないです。

スポンサードリンク

新型ジムニーの燃費と向上させるテクニックについて

新型ジムニーの気になる燃費情報ですが、メーカーが発表している数字は5速マニュアル車でリッター毎14.8、4速オートマで13.6になります。

この数値については実際の燃費とは少し違いが出てくることになり、カタログ上の燃費情報とは異なるということはどのようなメーカーの車種でも一緒です。

新型ジムニーはモデルチェンジ前よりも少し向上しているのですが、実際の走行については数字にばらつきというものが出てきます。

市街地走行などを行っている場合では、リッター毎13キロ程度になることが多く、長距離走行をしている場合ではカタログ数値よりも大幅に上回るリッター毎18キロの走行も不可能ではありません。

2WDと4WDの切り替えを行える車種になるので、この違いも顕著に出てきます。

新型ジムニーの燃費を向上させるにはテクニックというものがあり、普段の運転については2WDだけで走行させることで低燃費を実現させることができます。

普通の生活をしていて、買い物や送迎、ドライブや高速道路の運転の場合では、2WDでも問題がないので小まめの切り替えが必要になります。

逆に悪路走行や雪道運転など荒れている路面を走行させるには、やはり4WDで走行することが求められています。

このケースでの燃費についてはリッター毎10キロ未満になってしまう可能性が高いので、カタログ数値とは違いがあります。

特に5速マニュアル車の新型ジムニーを購入している方は、エンジン回転数やスピードに合わせたシフトチェンジを心掛けることで向上させることができます。

少しでも燃費を向上させるには、無駄な急加速をしないことも一つの方法です。

マニュアル車でもオートマ車でも共通している内容になり、前方を良く見て走行させ、ブレーキをあまり踏まないような運転を目指すことも肝心です。

新型ジムニーは標準装備としてアルミホイールを履かせているのですが、購入後に幅広いタイヤに変える際にも燃費に影響を与えることが多いので、この内容も理解した方が良いと判断できます。

新しいジムニーの燃費は向上していて2WD走行では特に良好です

新しいジムニーが2018年に発表されています。

この自動車は排気量が660ccという軽自動車になりますが、他の軽自動車と比較すると車体が重たいことが特徴です。

オフロード走行を目的にしているので、仕方のないこととして考えることができ、購入された人によっては燃費が気になってしまうこともあります。

ジムニーの燃費情報では、メーカーが発表している数字を挙げると5速マニュアル車でリッター毎に約14キロから16キロです。

4速オートマは11キロから14キロになり、走行させる道路の環境によって違いがあります。

ジムニーはパートタイムで4WDと2WDの切り替えが自由に設計されています。

燃費を気にする人で燃費向上を期待している場合では、普段の走行では2WDで走行させることで燃費アップを期待することができます。

実際にある報告の中には、市街地ではなく走行しやすい道路を2WDで移動させた場合、リッター毎18キロもの燃費を実現したという事例もあります。

この数字であれば十分に納得できるものなので、細かな駆動輪の切り替えを行うことが推奨できます。

ジムニーの燃料タンクは約40リットルと言われています。

軽自動車としては大きめのサイズになりますが、このことがジムニーの乗りやすさを実現している要因でもあります。

燃料タンクを大きくすることで、燃費が悪くても何度も給油する必要性が無くなるので、それだけ長い距離を走破できるという理屈です。

2WDでの走行は冬期間に圧雪道路やアイスバーン、夏期間でもオフロードを走行させる以外では十分に走りを楽しむことができます。

寧ろ安全な道路で4WDで走ってしまうと車体の重さを感じてしまうことや、燃費が著しく悪くなってしまうことに繋がるので、適切な切り替えを行うことは正しい乗り方です。

現在ではリッター毎20キロ以上を走行できる軽自動車は沢山存在しているのですが、ジムニーの場合ではその数字よりも走行性能に魅力を感じることができる貴重な車種と考えることも必要です。

 

▲▲おすすめ記事▲▲
【スズキ・ジムニー】人気カラーは何?色見本をチェックしよう
【スズキ・ジムニー】後部座席と荷室容量や車中泊について
【スズキ・ジムニー】試乗した場合の試乗評価はどうか?ポイントは?
【スズキ・ジムニー】値引き相場についてはどうか?限度額や交渉のコツは?
【スズキ・ジムニー】オプションであるナビやパーツを選ぶには?

ジムニーが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは面倒…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、まともに聞いてもらえず

聞いてもらったところで

欲しい車に手が届かない。

そんな方にピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!

スポンサードリンク