下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!

新型ジムニーの内寸や外寸はどれくらい?居住性はどうなのか。

内装色やドレスアップ方法などについても解説しています。

自分の好みで色々とジムニーの内装改造をしてみるのも楽しいですよ。

スポンサードリンク

ジムニーの居住性に関わる内寸

現行ジムニーの内寸は、前後の長さが1770mmで、幅は1300mm高さが1200mmとなっています。

初代の内寸は不明ですが、外寸の比較してみると、現行車に比べて初代は全長は440mm減で全幅が180mm減、全高は55mm減と全体的にコンパクトです。

つまり新旧の比較においては、現行ジムニーの方が居住性が勝っていると考えられます。

特に全長の440mm差は大きく、足元を含めた空間の広さに直結するといえるでしょう。

乗車定員が3名から4名に増加しているので、その分を考慮すればサイズアップしたのも納得です。

改めて現行の新型ジムニーに目を向けてみると、前部座席の頭上には空間があり、あまり圧迫感を感じないように工夫しています。

シートサイズも大きめに改良されているので、コンパクトな車ながらも、ゆったりと乗れる感覚が得られます。

クッション性がしっかりとしていますし、体を受け止めるホールド性もあるので、長時間乗るほど快適性が実感できる作りです。

ただし、限られた内寸の中で前部座席空間を確保した都合上、後部座席はやや窮屈となっています。

中でも足元の余裕に差がありますから、前部座席と後部座席の疲れの感じ方は、長距離を走行した後に出てくるでしょう。

というのも、後部座席に乗る人は足を曲げて座る形となり、膝を抱えるかのように持ち上がってしまうからです。

運転席は、運転時にペダル操作があるので足を伸ばす形になっていますが、その空間設計のしわ寄せが後部座席にいったものと思われます。

いずれにしても、ジムニーはコンパクト性を重視していて、外形寸法を切り詰めた結果内寸も限られています。

設計者は決まった内寸の中で設計を行う必要がありますし、上手く空間を切り分けて、そこにシートなどを配置することになります。

運転に支障が出る設計は車として成り立ちませんから、ジムニーでは運転席に空間を多めに割り当て、結果として現在のようなバランスの居住性となっているわけです。

スポンサードリンク

新しいジムニーの気になる内装色とドレスアップ方法

新しいジムニーは複数のグレードを用意していて、ボディカラーも充実しています。

ボディについてはお好みに合わせて選ぶことができますが、内装色については限定されています。

どのグレードを選んでも内装色は統一されていて、基本ベースになる色はブラックです。

ウレタンと本革を利用しているステアリングを2種類用意しているのですが、どちらもブラックに限定されています。

インパネ部分も全てブラックでドアの内張りやシートに至るまで、全てをブラック系に限定をしていることが特徴です。

オフロードで活躍するジムニーなので、汚れが付いても安心な色に設定されていますが、購入した方の中には、内装色を変えたいと考えることも珍しいことではありません。

新しいジムニーは基本はブラックにしていますが、センターピラーや後部の窓枠についてはボディーからと同じ塗料が使われています。

この部分の配色が気になってしまうようであれば、ドレスアップとしてブラックの粘着シートを貼り付ける方法も効果的です。

しかし、運転席周りのパーツ類については一部はメッキを利用しているものがあります。

メッキは高級感を出すことに成功していますが、内装色が全てブラックと一部のメッキになるので、無機質なイメージは払拭できません。

敢えてドレスアップを行うには、市販されているジムニー用のカバーやガーニッシュなどを購入して取り付けをしてみる方法もあります。

レッド系やブルー系、ウッド系やカーボン系など複数の内装色を変えるパーツが販売されているので、購入後に内装に飽きてしまった方でも楽しみながらドレスアップを施すことができます。

勿論、ブラックで十分に納得できている人はそのまま乗り続けることもできますが、ジムニーの場合では社外品のパーツ類が多数販売されているので、気になる部分があれば殆どのケースで該当するパーツを見つけ出すことは不可能ではありません。

ブラックをより一層追究したピアノブラック色を採用しているパーツもあり、見た目のグレードアップにも役立ちます。

スポンサードリンク

いろいろ試せるジムニーの内装改造の方法

ジムニーはノーマルで乗っていても何ら問題がなく、新型のジムニーでは標準装備は充実しています。

しかし、ドレスアップや、もっと高級感を出したいと考えている方のケースでは、内装改造を行ってみる方法があります。

自力で行える方法と専門店に依頼をする方法など、いろいろありますが、簡単にできる内装改造ではステアリングカバーを取り付けする内容やシフトノブを交換する方法もあり、どちらもネット通販でも購入できます。

ブレーキやアクセルなどペダル部分に固定するアルミ製のペダルも人気があり、内装改造では基本的なアイテムです。

インパネについてはノーマルの状態ではプラスチック感が出てしまっているので、簡単に高級感を出す方法では専用パネルを購入する方法があります。

例えば金属的な質感を持っているものや、ウッド系を利用しているもの、ピアノブラックと言われる深みのある黒色に変えるパネルカバーが販売されています。

シートカバーも充実しています。

ノーマルの状態ではどことなくチープ感を感じてしまうようであれば、バケットシート調に変えることができるシートカバーが販売されているので、ジムニーの内装改造ではおすすめのアイテムです。

細かなパーツも目白押しです。

エアコンの吹き出し口にセットできるカバーや計器類の周囲に取り付けるカバー、コンソールボックスまで販売されています。

特にコンソールボックスは運転席と助手席の間に設置するものですが、ジムニー専用の後付けパーツを購入すると大型に変えることができるので、内装改造でラグジュアリーを求める方にとってはかなりおすすめのパーツです。

本人では施工が難しい内容もあり、内張りを全て張り替える方法もあります。

好みの質感と好みの色に張り替えを行うことができ、ドアの内張りだけではなく天井部分も全て専門店に依頼をして張り替えしてみると、かなりの内装改造の効果を実感することができます。

ジムニーのパーツ専門店はあるので、まずはネット上のサイトをチェックしてみることもおすすめになります。

ジムニーは、本格派なのに内装がおしゃれ

ジムニーは見た目が可愛くおしゃれです、女性向きなクルマのようにみえます。

内装もおしゃれで可愛ように思えるのです、その中身は全く違うクルマです。

中身は完全なる男のクルマです、極めて本格派のオフロードカーです、それがスズキジムニーです。

その可愛らしいおしゃれなデザインおしゃれな内装に騙されてはいけません。

乗り心地は二の次燃費もけしてよくないです、だがしかしひとたびオフロードを走らせれば、その悪路走破性能を存分発揮するのです。

ドアは2枚しかなく日常生活でははっきり言って使いにくいです、そもそも日常生活で使うクルマではないです。

ジムニー内装も外装もおしゃれなのです、日常生活で使うクルマではない、何故なら燃費がわるく乗り心地も悪いからだ、このクルマは悪路を走る人しかいらないクルマだと思う。

アウトドアが趣味な人だとか、山に住んでいるとか、日常生活で悪路を走る人だとかが乗るクルマだと思います。

ジムニーをおしゃれ内装とデザインに惹かれて買った人もいるが、あまりにも可愛らしいデザインとクルマの性能、走りのキャラクターが違うと言っていたのを聞いたことがある。

やはり本格派、いくら見た目が可愛くおしゃれでも、それで買ってはいけないようです。

ジムニーの最大の売りは、その悪路走破性能にあるので、やはり本当に必要な人、アウトドアラーとか雪国に住んでいるとか山に住んでいるとか谷に住んでいるとか日常生活で悪路を走るとか、とくに細い悪路を走るには最高だジムニーが最高だ、いくら悪路走破性能が高くても、ランドクルーザーやレンジローバーでは、細い悪路は走れない。

とくに山道、細い曲がりくねった道の悪い山道はもはやジムニーのためにある道と言っても過言ではない、でかいオフロードカーでは、サイズがデカくて、走ることはできないからだ、細く曲がりくねった日本の山道を走る。

ジムニーは極めて日本的なオフロードカーだと思います。それが良い。デザインは可愛いけど。

 

▲▲おすすめ記事▲▲
【スズキ・ジムニー】人気カラーは何?色見本をチェックしよう
【スズキ・ジムニー】後部座席と荷室容量や車中泊について
【スズキ・ジムニー】試乗した場合の試乗評価はどうか?ポイントは?
【スズキ・ジムニー】値引き相場についてはどうか?限度額や交渉のコツは?
【スズキ・ジムニー】オプションであるナビやパーツを選ぶには?

ジムニーが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは面倒…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、まともに聞いてもらえず

聞いてもらったところで

欲しい車に手が届かない。

そんな方にピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!

スポンサードリンク