下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!

新型ジムニーの値引き額、中古相場は把握していますか?

現状ジムニーの値引き限度額はいくら程度なのか?

また値引き交渉に最適な時期やコツについても解説しています。

スポンサードリンク

気になるジムニーの値引きや相場について

新車で車を購入するときに気になるポイントは、どのくらい値引きしてくれるのかということです。

新車値引き幅というのは基本的に決まっていて、ここの店舗ではこのくらいだけど他の店舗ではもっと安くなったということはまずありえません。

販売店は大体の値下げ幅を決めているので、粘り強く交渉しても一定金額以上の値引きには応じてくれません。

これは仕方ないことなので諦めましょう。

次は中古車の場合ですが、中古車を購入する時に気になるのが相場です。

中古車相場は常に変動していて、数が減ったり人気が上昇することで価値が高くなったりすることがあります。

逆に市場に溢れかえっていて、人気もなくなっている状態だと価値は大きく下がります。

例を挙げるとメルセデスベンツのセダンは3年落ち、5年落ちでも中古になると半額程度になります。

新車だと1200万円くらいするSクラスが、3年経って中古になると600万円を切ることはまったく珍しい話ではありません。

メルセデスベンツのセダンは新車で購入することにステータスがあり、お金に余裕がある人が購入する傾向があります。

お金に余裕がある方は3年ごとに新車に乗り換えることも多いので、中古車の台数は多いです。

しかし、買い手がいないので価格を下げざるを得ないのです。

一方で中古でも価値が下がりにくいのがミニバン、軽自動車です。

ミニバンはファミリー層に絶大な人気があり、子育て世代であれば必ずと言っても良いほど所有しています。

軽自動車は税金が安く、低燃費でコストパフォーマンスが高いのであらゆる世代に人気があります。

ジムニーは軽自動車ですが、本格的なクロスカントリーなので幅広い世代から人気があります。

アウトドアにも使うことが出来て、荷物をたくさん積むことも出来るので一台あるだけで大活躍してくれます。

ジムニーは他の軽自動車にはない力強さがあり、雪道にも強いので雪がたくさん降り積もる場所に住んでいる人にもおすすめです。

スポンサードリンク

新型ジムニーの値引きの限度額はいくらなのか

今年の2018年7月に新型ジムニーが販売されていますので、大幅に値引きを狙うことはまず難しいです。

ただし全く値引きができないかというとそうではありません。

だいたい車両価格から5万円前後の値引きは可能となっています。

この5万円前後が値引きの限度額と覚えておいた方が良いです。

確かにまだ販売されたばかりなので自動車ディーラー側も強きではありますので、一般消費者が少しでも安く買いたくても大幅に安くはしてくれません。

ですが次に挙げる方法を実践すれば多少安くかつお得に購入することができるようになります。

まずは新型ジムニーのライバルとなる自動車メーカーがいないためライバルの自動車メーカーの車種を引き合いに出すことは無理なので、同じ自動車ディーラーを引き合いに出すことです。

自動車ディーラーごとに販売価格が異なりますので、他県まで足を運ぶことができれば他県の自動車ディーラーを引き合いに出して値引き交渉をするとうまくいく場合もあります。

次の方法は決算月を狙ってみる方法も有効です。

決算月は3月9月となります。

今年はもう決算月は終わっていますが、来年3月までは待てば安く買えるチャンスが訪れます。

決算月は自動車ディーラー側も多くの自動車を販売したいと考えていますので、値引き交渉に応じてくれやすくなります。

それは多少安くしてでも売れるならば値引き交渉に応じてくれやすくなるからです。

年2回訪れる決算月に狙いを定める安く買える可能性は他の月に比べて高くなります。

さらにボーナスの時期を狙うというのもあります。

ボーナスの時期は7月と12月になりますので、まさに今月は狙い目の月になってます。

この時期は自動車ディーラー側は稼ぎ時となりますので、新型ジムニーの車両価格の値引きは無理でもオプションを無料で付けてくれたりするのでお得に購入することができることがあります。

今まで挙げてきた方法を実践することで、新型ジムニーをより安くお得に購入できます。

スポンサードリンク

新型ジムニーを購入するときの値引きの目標額や最適な行動について

新型ジムニーは約20年振りにモデルチェンジをしました。

長く乗れる軽自動車で、オフロードに強い車種としてかなりの人気ぶりです。

購入する際には約180万円もの価格設定になり、自動車として考えた場合では決して高額ではありません。

新車でジムニーを購入する際にはディーラーに行ってスタッフと商談することになりますが、この際には値引きをしてもらうことを希望することも珍しいことではありません。

少しでもお得に購入することは当然のことでもあり、何もディーラー側に意思表示をしない場合では、多くのケースで販売価格そのままで購入することが求められます。

値引きを求めているならば、スタッフと商談を上手く行うことが基本になり、その目標額についてはジムニー本体価格で約6万円から8万円程度になることが多いようです。

この金額であれば十分に納得することが必要でもあり、新型ジムニーの場合では、他に目立ったライバル車が存在していないこともあり、ある意味ではこれ以上は難しいと判断することもできます。

しかし、長く乗り続けることを検討している場合では、メーカーが用意しているオプションを充実させてみることもおすすめです。

オプションを沢山付けることにより、更に値引きを引き出すことは可能です。

その内容によって違いはありますが、平均するとオプション代で約2万円程度の値引き交渉を行うことは不可能ではありません。

本体価格と合算すると最大で約10万円の値引きが限度額と考えてみることができます。

この額を目標にして交渉をすることが必要になりますが、これまで所有してきた自動車を下取りに出す方も多く存在しています。

下取りについては新型ジムニーで十分な値引きを引き出した後に別件として交渉することで、実質上さらに安い価格で購入できます。

もしもディーラー側で下取り価格が低いと感じてしまった際には、中古車買い取り専門店を利用してみる方法もあり、他社に売却をするか、その額面をディーラ側に提示して納得してもらう方法も効果的です。

新型ジムニーの限界の値引きの目標額

現在においてジムニーの限界の値引き額はいくらなのか、これから挙げていきます。

この車種は1970年から発売されていて、今もなお熱狂的なファンがいるほど長年人気があります。

2018年7月に新型ジムニーが販売されました。

この新型ジムニーがどのくらいまで限界の値引きができるのかですが、まず結論から言えばかなり渋くなっています。

約20年ぶりにフルモデルチェンジをした新型ジムニーとなっていることから、値引きはしばらくは渋い状態が続きます。

また他の自動車メーカーにジムニーのライバル車がいないこともあり、値引き交渉の難易度が高くなっています。

ただし発売直後から値引き額をゼロとしている自動車ディーラーは少ないです。

多少安く購入することができるようにはなっています。

5万円前後は車両価格から安くできることは十分可能となってます。

ですから目標の値引きは5万円前後に設定するのがベストになります。

さらに安く購入するコツは、決算月を狙うというの効果的です。

新型ジムニーをより安く購入できる時期は3月と9月の決算月です。

この決算月は、値引き交渉がスムーズにいきやすい時期として最適な月になります。

それは3月9月の決算月は、自動車ディーラーとしても多く売りたいという思惑がありますので、売れるならば多少安くしようということになるわけです。

ですから決算月はかなり狙い目となります。

その他にも7月や12月といったボーナス時期も狙い目の月になります。

今年も残りあと1ヶ月となりますが、12月はボーナスの時期になりますので、今まさに狙い目の月です。

ボーナスの時期は、他の月よりも一般消費者の財布は緩くなりがちです。

そうした理由から、自動車ディーラー側はそれを好機と捉えています。

新型ジムニーを購入してもらいたいために、他の自動車ディーラーに一般消費者が行かないように値引き又はお得なオプションを付けたりと良い条件を提示して買ってもらうとします。

 

▲▲おすすめ記事▲▲
【スズキ・ジムニー】人気カラーは何?色見本をチェックしよう
【スズキ・ジムニー】後部座席と荷室容量や車中泊について
【スズキ・ジムニー】試乗した場合の試乗評価はどうか?ポイントは?
【スズキ・ジムニー】オプションであるナビやパーツを選ぶには?

ジムニーが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは面倒…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、まともに聞いてもらえず

聞いてもらったところで

欲しい車に手が届かない。

そんな方にピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!

スポンサードリンク