下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!

スズキ・ジムニーの性能ってどうなのでしょうか。

乗り心地やエンジンの静音性も気になりますよね。

また加速性能などジムニーのスペック情報を解説しましょう。

スポンサードリンク

スズキ ジムニー スペックの高さに圧巻

40年以上継承してきた基本構造から、さらに進化を遂げたスズキジムニー。

4WDの力強さが有りながら小回りもきくという優れものです。

そのハイスペック振りをご紹介します。

基本構造であるラダーフレームが進化を遂げました

Xメンバーと前後にクロスメンバーを追加することで、ねじり剛性を従来の1.5倍に高めています。

そうすることで乗り心地を良くし操縦安定性も高くなり、悪路走行時の衝撃にも耐えて走行できます。

パートタイム4WD機能が優秀です

シンプル構造で直結するパートタイム4WDを採用しています。

前輪、後輪どちらかが空回りしたときでも駆動力を安定させることができるので舗装路だけでなく、雪道やぬかるみでも対応できます。

機械式の副変速機によって路面の状態に合わせて2WDと4WDの切り替えができます。

3リンクリジッドアクスル式サスペンションはジムニーの伝統構造で、深く受け継がれています。

過酷な凸凹道にも耐える力強いサスペンションです。

計算尽くされた3アングルがある

走破性能が高いだけでなく、対象外角度が計算されており、障害が多い道であってもバンパーやアンダーボディーに接触しにくいな構造となっています。

強い4WD構造なのに繊細な小回りがききます

4.8mの回転半径なので日本の狭い道路であっても自在に運転が可能です。

またステアリングダンパーにより振動やふらつきを抑えるので操縦が安定し走行しやすいでしょう。

ブレーキLSDトラクションコントロールは空回りした二輪にブレーキを作動させることができます。

もう一方の車輪は駆動力を失いませんから、ぬかるんだ道に嵌ってもジムニーなら脱出できますね。

またブレーキからアクセルペダルの踏み変え時に一時ブレーキが作動するシステムがあります。

下り坂にはブレーキを自動コントロールできるので加速を抑えます。

安全性も高く安心して乗車できます。

古来から受継がれたハイスペック構造からさらに進化を遂げたスズキジムニー。

これからも大注目の車です。

スポンサードリンク

ジムニーの乗り心地が悪いなら改善するしかない

「ジムニーの乗り心地は悪い」という評価はジムニーの定番とも言えます。

この評価の原因はひとえに元々のジムニーの目的のせいです。

クロスカントリー、すなわち舗装されていないオフロードの走行を前提に開発されている車であるジムニーにとって岩場や砂地といったむき出しになっている地面ならともかく、舗装された道との相性は良くありません。

もちろん長年愛されている車なので開発側ももっと愛されるために改善を加えており、実際に開発当初から採用されていたリーフスプリングをコイルスプリングに変更する試みを行っています。

そのおかげで一般車両と変わらない走行が可能なものの、最新の車体であっても乗り心地の悪さはついて回っているのが現状です。

こうなると消去法として所有者自らが改善していくしか道はありません。

その方法は内装に手を加えるといったインテリアな意味合いではなく、メカニックな意味合いが主となります。

例えばジムニーの乗り心地を良くするための方法において最も有名かつ有効な手段はタイヤの空気圧を変える事です。

ジムニーの乗り心地の悪さの要因はいくつかありますが、そのうちの1つにタイヤが挙げられます。

小さな車体に大きなタイヤという組み合わせは珍しくないものの、走行中のフィーリングからすると良くないです。

そのため空気圧を変えれば乗り心地は改善されますが、同時に走行や燃費が悪くなるリスクもあります。

それはしょっちゅう変えてしまうと起こりやすく、最悪タイヤが破損する可能性があるので要注意です。

余談ですがジムニーはオフロードのタイヤしか受けつけないわけではないため、舗装用のタイヤを装着させるだけでも改善策になります。

それから板バネの追加やサスペンションの交換などが挙げられますが、実際のところは空気圧を変える事だけが手軽で効果的に発揮される方法です。

もしも手を尽くしても満足できる乗り心地でなかったら開き直って楽しむか、売るかの選択肢を取るしかありません。

スポンサードリンク

改善されているジムニーの乗り心地

コンパクトかつ個性的で実用性も兼ね備えるジムニーは、1970年に発売された初代から根強い人気を誇ります。

中でも3代目は1998年から2018年まで販売されてきたロングセラーで、2018年にようやく4代目に進化しています。

久しぶりのフルモデルチェンジを経験した4代目は、見た目も内装も大きく変わり、より現代的なバランスを獲得しました。

目に見える変化ではありませんが、乗り心地に関してもだいぶ改良が加えられ、多くのジムニーオーナーが改善を喜んでいます。

旧型は振動や音が発生しやすく、快適な乗り心地の車を求める人が選ぶ車種ではなかったといえます。

その点、4代目はエンジン音がかなり静かになっており、振動対策も各部に施されています。

静粛性は、新型ジムニーのフルモデルチェンジの中でも、特に重視して改良が行なわれたようです。

車内のパーツにも振動対策が施され、シフトレバーにも、エンジンの影響を受けて震えないような工夫が見られます。

先代もそれなりに対策は行なわれていましたが、新型ジムニーに乗り換えれば、1世代の違いでも大きく感じられるはずです。

初代や2代目からの乗り換えであれば、足回りの動きの良さや悪路での振動の伝わりにくさなど、いくつもの改善点が実感できるでしょう。

凸凹道でも上下に突き上げるような振動はなく、軽く揺れる程度で不快感とは無縁です。

ジムニーは車高が高めの車なので、カーブの際に重心の高さが気になりますが、新型では重心が下がり安定性を感じさせてくれます。

一方のインテリアは、デザインや装飾こそ簡素ですが、シートにはかなり力が入れられ乗り心地に寄与しています。

具体的には座面の面積が大きくなり、厚みが増してクッション性が高まった改善です。

悪路における乗り心地と、長時間運転の両方が考えられているので、フルモデルチェンジを経たジムニーの作りはどこを取っても合理的です。

乗り心地が全面的に見直され、癖が減って個性は弱まっていますが、今まで以上に万人受けする車になったのは間違いないでしょう。

ジムニーの加速性能と本来の目的についての情報

2018年に20年振りにモデルチェンジをした新型ジムニーはかなりの人気ぶりを発揮していて、製造が追い付かない状態です。

ジムニーは軽自動車になり、660ccで3気筒ターボ車の設定です。

5速マニュアル車と4速オートマ車に分けることができますが、加速性能を気にした場合、5速マニュアル車では停止状態から時速100キロメートルまでの時間は約18秒という現実的なデータがあります。

このスピードに関しては同等の軽自動車と比較すると決して加速性能に優れているとは言えません。

速い軽自動車の場合では10秒程度で時速100キロまで到達している車種もあるので、新型ジムニーでも加速性能については大きな期待をすることができないことは実情です。

しかし、悪路で考えてみることも一つの方法です。

例えば山道や砂浜、他のオフロード、雪道などを走行させる際には、他の軽自動車と比較しても加速性能は十分に優れていると判断できます。

その理由としては大インチホイールに設定された4WD軽自動車になるので、かなりのハイパワーで悪路を走行させることができるものです。

ジムニーの特徴はラダーフレームにあります。

かなり頑丈なフレームになり、耐久性に優れていて、ボディ剛性にも貢献しています。

このフレームは普通の軽自動車と比べると重さがかなりあるものなので、車体重量がどうしても重くなってしまうことから、加速性能には劣ってしまうことは仕方のないことと判断できます。

本来の目的は他を圧倒するようなオフロードの走行性能の高さです。

低速から中速までのパワーに集中をしている車種になるので、高速域での走行には不向きです。

その代わり、どのような悪路でも問題にせずに走行させる能力を持っているので、オフロードを満喫したい方にはかなりおすすめの車種になります。

1速から3速までのギアであれば万能型と言っても過言では無く、本来の使い方をメインにした場合では、加速性能についてはあまり拘る必要はありません。

ジムニーが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは面倒…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、まともに聞いてもらえず

聞いてもらったところで

欲しい車に手が届かない。

そんな方にピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!

スポンサードリンク