下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!

ジムニーの大きさが実際どのくらいか把握していますか?

メーカーからは外寸や内寸の詳細なサイズが公表されているようです。

新型ジムニーのサイズついて解説してますので参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

ジムニーはどのくらいの大きさ?

SUZUKIの人気車として有名なジムニーの大きさについて解説します。

店頭に並んでいるジムニーをみてコンパクトな印象を持った方は、かなりいらっしゃるのではないでしょうか?

事実ジムニーはかなりコンパクトな車両です。

もともと、レジャーなどアウトドアを目的とした方に人気のあるジムニーですので、山奥の細い道などを走行することに重きを置いたデザインになっています。

もちろん、通常の道路を走行していても全く違和感はありません。

車幅は大きくなく一般的な軽車両とほぼ同じと思っていただいて間違いないです。

しかしながら、車高という面においては一般的な軽車両とは違います。

悪路を走破するためのデザインになっておりますので、車高は高めです。

イメージとしては、大きめのワゴン車と同じ目線になると考えて頂ければちょうどいいかと思われます。

背の低いお子さんやご高齢の方にとっては少し乗り降りしづらい高さかもしれません。

しかし、高さを除けば一般的な軽車両とほぼ同じ大きさと言えますので、駐車に手こずるといった不安は持たなくて大丈夫かと思われます。

強いて挙げるとするならば、後ろに予備タイヤを搭載しているので、後方に詰めて駐車しようとした際に予備タイヤ部分が障害物にぶつかる可能性がある程度ですので、慣れれば全く問題ありません。

ジムニーの外観を見て男性が乗りそうな先入観があるかもしれませんが、意外と間近で見てみるとコンパクトでとてもかわいいサイズ感だと感じることでしょう。

ですので、女性の方が乗っても全く違和感はありませんし、運転もしやすい大きさなので男女ともにオススメできる一台です。

ジムニーに乗ってみたいけど狭い駐車スペースに入るだろうかと、ご不安だった方もいらっしゃるかもしれませんが、一般的な軽車両を停められるスペースさえあれば問題なく駐車することもできますし、コンパクトでかわいい大きさなので嫌な威圧感なく乗ることができます。

スポンサードリンク

気になる新型ジムニーのサイズ感

今年、20年ぶりにスズキから新型のジムニーが発売されました。

昔旧型を乗りこなしていた人は、懐かしさも込めて新型の購入を検討している人も多いかもしれませんね。

そんな購入を検討する際に、非常に重要な要素が車体のサイズ感ではないでしょうか。

それでは、気になる新型のサイズ感を見ていきましょう。

新型ジムニーは、構造自体は初代と変わらないモデルとなっており、ジムニー愛好家にはたまらないビジュアルです。

気になる新型の全長は339.5cm、全高172.5cmとなっており、旧型よりもサイズアップしています。

ただ、全高はサイズアップしていますが、地上高に変更はないため室内高が広くなっています。

しかしながら、全幅は130cmと旧型よりもコンパクトに収まっているため、室内の広さは確保しつつも車体の幅は抑えて小回りが利く仕様に変化しており、まさに旧型よりも進化したジムニーと言えますね。

室内の頭上空間もベルトライン上の絞りがなくなったため、前席も後部座席も広々と設計されているため、乗用車から乗り換える方でも、特別違和感なく使用できるはずです。

また、後席に続いて助手席を倒せば床面がフラットになるつくりになっているので、高さや長さのある脚立やゴルフバッグも楽々収納できるようになりました。

オフロード系軽自動車のライバルでもある三菱のパジェロミニともサイズを比較してみると、全体的にジムニーの方が大きいようですが、全幅はジムニーの方が小さいためより小回りが利くというメリットがありますね。

また、同社のスズキから発売されているハスラーと比較してみると全長は全く同じで、全高、全幅はハスラーの方が大きく圧倒的に室内も広いようです。

しかしながら、新型は室内高では負けているものの、地面と車体との距離が大きいため、よりオフロード向きに作られていると言えます。

ハスラーは市街地向き、ジムニーはアウトドア向きとも言えますね。

新しくなったジムニーは、小回りが利きやすく旧型よりも室内が広く進化しており、車中泊をするにも充分な広さなので、アウトドアにもおすすめしたいイチオシの車種ですよ。

スポンサードリンク

これまで販売されたジムニーのサイズ比較

ジムニーは1970年発売の初代を筆頭に、1981年から1998年まで販売された2代目に、1998年から2018年現在も現役だった3代目へと続いています。

2018年には、長い沈黙を経てようやく4代目に進化を遂げており、初代に近い外観で多くの人達を驚かせました。

サイズ比較を行ってみると、初代は思いの外コンパクトで、現行の4代目とはかなり差があることが分かります。

具体的に、初代の寸法は全長が2955mmで全幅は1295mm、そして全高が 1670mmとなっています。

対する2代目は全長が3195mmと大幅に伸びており、全幅も1395mmと10cmも横に広がっているのが特徴です。

一方の全高はタイプによりますが、最低でも1690mm、最高で1710mmでやや増えています。

つまり、ジムニーは2代目で大幅な変更が加えられていて、サイズ比較を行うだけでもそれが窺えます。

ボディデザインはまだ初代の面影がありますが、3代目になると、サイズも見た目も結構変わりました。

全長は更に3395mmとサイズアップを果たし、全幅も順当に1475mmと変化しています。

全高は1680mmから1715mmで、こちらは逆に最低サイズが微減で、最大サイズは微増という傾向です。

丸みがあって現代的になった3代目は、賛否両論があるデザインですが、最新の4代目になってジムニーらしさを取り戻しています。

これまでの、歴代ジムニーの良いとこ取りをしたかのような4代目は、全長が3395mmでここは先代の3代目と同様です。

全幅は1475mmとこちらも3代目と変わらず、全高だけが唯一1725mmと微増という形です。

改めてサイズ比較をしてみると、ジムニーの初代と4代目では、全長が2955mmから3395mmへとアップ、全幅も1295mmから1475mmと増加しました。

全高は1670mmから1725mmなので、4代の間にジムニーは前後に長く伸びて横幅も増し、縦に少し大きくなったと結論付けられるでしょう。

ジムニーの各部寸法が分かるサイズ表

ジムニーを製造販売するスズキは、車種についての詳細な諸元データを公表しています。

例えば現行のXGであれば、全長3395mm・全幅1475mm・全高1725mmといった具合に、各部の外寸が分かります。

また室内寸法も同様に、長さ1770mm・幅1300mm・高さ1200mmと、こちらもサイズが明確に公表済みです。

メーカーのスズキによると、これらのサイズは社内で計測した代表的な測定値としています。

つまり、測る部分によって多少の誤差はあると思われるので、あくまでも寸法の目安と考えるのが良いでしょう。

ジムニーに関する数値は他にも、2250mmのホイールベースと1265mmの前トレッドに、1275mmの後トレッドがデータ一覧に掲載されています。

スズキでは最低地上高も公表しており、こちらは205mmという数字で、床下の高さをイメージするのに役立ちます。

ジムニーの寸法ではありませんが、サイズが影響する最小回転半径は4.8mで、コンパクト車らしく小回りする様子を想像させてくれます。

更に、搭載エンジンのサイズという、ややマニアックなデータも公開されているのが面白いところです。

内径は64mm、行程は68.2mmとなっているので、エンジンに詳しい人にとっては魅力的なデータだと思われます。

スズキの魅力的なところは、こういったジムニーの寸法を数値を一覧に掲載するだけでなく、画像を交えて分かりやすく提供していることです。

外寸も内寸も視覚的に把握できますから、ちょっとした工夫や配慮ではありますが、メーカーのユーザー思いの姿勢が伝わってきます。

ジムニーだけでなく、全長サイズは車の大きさを印象づけるので、3395mmという数値は一種の指標となります。

実際に車体を見てみると分かりますが、かなりコンパクトで小回りも利く車です。

このように、数値上のサイズと実車を照らし合わせてみると、よりジムニーに関する理解が深まって魅力が理解できるようになります。

ジムニーが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは面倒…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、まともに聞いてもらえず

聞いてもらったところで

欲しい車に手が届かない。

そんな方にピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!

スポンサードリンク