下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!

これまでに3度のモデルチェンジしかしていない新型ジムニー。

次回のモデルチェンジの時期はいつ頃なのか?

ジムニーの最新情報についてまとめてみました。

スポンサードリンク

ジムニーのモデルチェンジ情報と現在のモデル

ジムニーは他の日本車と比べてみるとあまりモデルチェンジをしない傾向があります。

古くから販売されている商品で現在も愛されていますが、これまで3回しかモデルチェンジを行っていないのが特徴です。

1970年に販売された車で軽自動車サイズですがSUVですが悪路向けに開発された傾向があります。

当時はSUVという言葉はなく四輪駆動車と言われていた車です。

50年近くもの年月が経過しているにもかかわらずフルモデルチェンジの回数がかなり少なく初代から数えて2018年で4代目が登場しています。

4代目は最初から数えて3回目のフルモデルチェンジ該当していますが、お客さんにとっては不都合はなく品質が安定しているのが特徴です。

長くから愛されている商品で日本で購入できるSUVとしては人気1位を獲得しています。

安全性能も大幅に進化していて低コストで悪路の走行も可能、お客さんに対しては理想的な内容をしている車です。

ボディスタイルは大きく変更されていて、直線的なモデルからカーブを描いた見た目になりました。

基本的にジムニーは他の車と違いフルモデルチェンジの周期がかなり遅く長く同じ車が市場に流通しています。

現在の情報を教えると2018年の7月に変わったばかりなので当分はモデルチェンジはないと考えておくといいでしょう。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

進化する頻度が少ない車ですが、性能の割に最上級クラスでも200万円以下とかなりやすく設定されているので購入して損はないです。

ジープのような見た目をしているのですが、ジープよりもかなり安く買えるので四輪駆動車を探しているのなら選択肢にしれてみるといいと言えます。

旧型はベーシックなXCと上級のXGだけでしたが、今回は中間のXLも用意されているのが特徴です。

当分ジムニーのモデルチェンジはないので、今から購入をしても特に問題はないでしょう。

従来よりもスペックアップしているだけに旧型よりも使いやすい印象をしています。

スポンサードリンク

予想を超えた人気のジムニーフルモデルチェンジ!

2018年の6月にフルモデルチェンジを果たした、スズキ・ジムニーは1970年のデビューから48年の時を超えて「JB64型」を発表しました。

新型モデルとなるJB64型は4代目モデルとして3代目発売より18年振りとなるモデルチェンジで、丸みを持たせた3代目に比べて角張ったイメージに変化しました。

3代目モデルは車幅より飛び出したオーバーフェンダーを採用していましたが、4代目モデルではボディーとフラット化し、キャビンを拡張したデザインに変更しました。

オーバーフェンダーからフラットボディーに改良し、フロントバンパーをバンパーガード一体型にすることで、アメリカンSUVを彷彿とさせるイメージに仕上がり、さらにラジエーターグリルと一体化したブラックマスクが精悍さを増します。

ジムニーは軽の他に普通車モデル「ジムニーシエラ」を生産しており、大型エンジンの1500ccでボディーから大きく飛び出したオーバーフェンダーを採用し、一層迫力を増しています。

スズキが展開するSUVモデル「ハスラー」との競合を避けるため、明確な区別が行われるよう、デザインやスペックに関しては慎重に検討されました。

発売前のコンセプトモデルやスパイショットでの報道で、大方のイメージがついていたのですが、フロント部分の変更は大胆でファンの予想を大きく超えて、高い人気となっています。

発売から半年の月日が経ちますが、現在でも発注後6か月待ちの状況で、今後海外市場への販路拡大も計画しているため、1年待ちの状況となる可能性もあります。

2018年10月にはグッドデザイン賞(金賞)を受賞する、予想を大きく超えた人気の4代目モデルですが、このフルモデルチェンジを受けて3代目までの各モデルの中古車相場も上がり、こちらも予想を大きく超えるものです。

新型モデルでは車体色も単色で9色、バイカラー3色が用意され、グレードと設定オプション、お好みのカラーをカスタマイズして自分だけの1台を選ぶファンが多く、納車待ちのオーナーが多いようです。

スポンサードリンク

スズキジムニーの次回モデルチェンジの時期

2018年に登場した4代目のスズキジムニーは、販売以来大変な人気を呼び、入手困難という状況となっています。

これは、スズキ自動車では初となるグッドデザイン金賞を受賞するなどの優れたデザインや、WLTCモードに対応した燃料消費率などいくつかの要因が考えられますが、先代から実に20年ぶりにフルモデルチェンジしたということが一番の決め手と考えられます。

なお、ジムニーは現行モデルが4代目で、これまでに3度のモデルチェンジを実施しています。

具体的には、1970年に登場した初代モデルから11年後の1981年に2代目が発表されて、3代目が登場したのはそれから17年後の1998年のことです。

この様に人気モデルにも関わらず10年以上の間隔があいていることは、それぞれのジムニーがユーザーから熱烈に支持を集めていたことを物語っています。

この様なジムニーの歴史を考えてみると、5代目が発表されるのは2018年から10年以上が経過した時期になるのではないでしょうか。

ただし、3代目ジムニーが軽自動車規格の改正にともないフルモデルチェンジしたように、その時々の状況に左右されるという事も十分に考えられます。

また、4代目のジムニーがこれまで以上に熱い支持を集めているので、ロングセラー機種として長く愛好される可能性もあります。

そうすると、あえてニューバージョンをリリースする必然性がなくなるので、時期的にはさらに遅くなるという事も十分にあり得ます。

なによりも、ジムニーは軽オフロード車として40年以上にわたってナンバーワンの座に君臨し続ける王者です。

軽自動車という枠に収まりきらない猛烈な走破性と頑強なタフネスとを兼ね備えており、これらのコアな部分は代々受け継がれています。

今回の4代目はこれに加えて、軽自動車とは思えないダイナミックな乗り心地を実現しています。

これの後継モデルとなる5代目はさらにスケールアップしなければならないので、開発チームがどのようにしてハードルをクリアするのかは必見です。

ジムニーのモデルチェンジはいつなのか最新情報を知っておこう

ジムニーはスズキが販売している商品であまりモデルチェンジをしない傾向があります。

最新情報では2018年の7月に新型ジムニーの発売が決まっていて、現在は車市場で販売されているのが特徴です。

実は20年ぶりのモデルチェンジとなっているのでかなり注目されていると言えるでしょう。

今回はフルモデルチェンジとなっているので見た目は従来のものよりもかなり変更されています。

新型はジムニーXLとシエラJCで、本格的な四輪駆動車の機能と走行性を持っているのが特徴です。

新開発の1.5Lエンジンを搭載した小型のシエラも20年ぶりのモデルチェンジを行っています。

XCはこだわりの技術をそのままにして四輪駆動を高めている車で、新開発のラダーフレームにFRレイアウトと副変速機付きのパートタイム4WDを装備しているのが強みです。

3リンクリジッドアクスル式サスペンションという構成を行っています。

特にラダーフレームはXメンバーと前後にクロスメンバーを行い、ねじり剛性は従来よりも1.5倍もアップしているのが特徴です。

ブレーキLSDトラクションコントロールもすべての車種に標準装備を行っています。

専用にチューニングしたR06型ターボエンジンも搭載しているので動力性能と信頼性能を高めているのがちよみです。

パワーユニットはコンパクトかつ燃費にも優れた理想的な内容、出力とトルクも上昇しているのでパワーアップをしています。

動力性能は特に雪や飛び石対策をできる性能を持っているので信頼性の高い走行を実現してくれるのがちよみです。

インテリア部分は運転性能を高めるためにデザインが施されています。

車両の姿勢や状況を把握しやすく、水平基調の強い基本骨格を採用しているので安心です。

車内の広さもアップしているので居住性を重視して作られています。

現在新型のが販売されたばかりのジムニーなので、次のモデルチェンジを行うまではかなりの年月がかかると言えるでしょう。

 

▲▲おすすめ記事▲▲
【スズキ・ジムニー】人気カラーは何?色見本をチェックしよう
【スズキ・ジムニー】後部座席と荷室容量や車中泊について
【スズキ・ジムニー】試乗した場合の試乗評価はどうか?ポイントは?
【スズキ・ジムニー】値引き相場についてはどうか?限度額や交渉のコツは?
【スズキ・ジムニー】オプションであるナビやパーツを選ぶには?

ジムニーが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは面倒…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、まともに聞いてもらえず

聞いてもらったところで

欲しい車に手が届かない。

そんな方にピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!

スポンサードリンク