下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!

ジムニーのサイズを把握する為に外寸について解説しています。

また車高が影響して機械式駐車場によっては入庫できない場合もあるようです。

豊富な外装パーツなども紹介していますのでチェックしてくださいね。

スポンサードリンク

外寸でチェックジムニーのサイズ感

ジムニーは2018年にフルモデルチェンジを果たし、ついに4代目に進化を遂げています。

外観が大きく変化したのを切っ掛けに、外寸も変わって印象に違いが生じました。

現行車のXGは4AT車5MT車共に3ドアで、外観に関する部分は共通となっています。

全長は3395mmで全幅は1475mmとサイズも全く同じですから、見た目の違いは特にないといえるでしょう。

全高は1725mmとやや高めなので、ボディデザインに変更があっても、印象や走りのイメージは旧型に似ている傾向です。

3395mmという全長サイズは、3代目と比べると完全に一致で、外観の変更の大きさからすると全く同じなので驚きです。

全幅も1475mmで拡大も縮小もされていませんから、カタログ上の外寸スペックだけでは、変化を知るのが難しいです。

一方、全高は逆に1715mmから少しだけ増えていますが、それでも誤差程度の変更なので違いは極小です。

むしろ数字的に殆ど変わっていないことの方が、フルモデルチェンジで印象が変わった新型ジムニーにとっての大きなニュースでしょう。

先代とほぼ同じサイズに収まっている新型ジムニーは、見た目の変化で驚きを与えています。

というのも、デザイン的にはだいぶ初代に近く、洗練されて帰ってきたかのような印象があるからです。

外寸は当時に比べて大きくなっていますが、見た目から受けるイメージは、旧デザインのジムニーそのものです。

世代が進むごとに丸みを帯び、癖が減って個性が薄まりましたが、4代目になってかつてのアイデンティティを取り戻したかのようです。

初代と直接的に比較すると、4世代でサイズアップした感は否めないものの、外寸は2代目や3代目とほぼ同じなので、数値的な変化はそれほどではないといえます。

最新のジムニーは、いわばこれまでのジムニーオーナーに対する1つの答えで、現代的なデザインと魅力を持ち合わせて復活した形です。

外寸はこれまで通りコンパクトですから、道を選ばずに楽しく走れたり、小回りの効きやすさを実感することができるでしょう。

スポンサードリンク

ジムニーで機械駐車場は利用不可なケースも

特に人口密集地域では慢性的な駐車場不足が続き、それを解決するためのひとつの方策となったのが機械駐車場の存在です。

電気を利用したモーターや手動のウィンチによって油圧式のエレベーターが昇降し、1台の機械駐車場に1階部分と2階部分に計2台の自動車を格納することができ限られたスペースを有効活用できる手段ですが、その一方で駐車できる自動車の車高には制限があることに注意が必要です。

昨今の機械駐車場ではごく一部を除いて最大車高1550mmに対応した機種が主流となり最も普及しています。

多くの機械駐車場では入り口の手前に設置してある柱に車高を測る目安となる赤いラインを引いたり、センサーが作動して対応していない車高の自動車が直進しようとするとアラートを発するなどの対策をしており、車種で判断するだけではなく入庫する前に対応の可否を確認することができます。

新型ジムニーは車高が約1700mm程度ですがタイヤの種類によってはさらに高くなるケースもあり、1550mmに対応した機械駐車場に入庫させるの不可能です。

従って、お出かけ先で駐車場を探す際にはもちろんのこと、マンションやアパートなどの部屋を探す際には併せて駐車場の形態についても留意して検討する必要があります。

一部にはローダウンサスペンションやローダウン用のショックアブソーバーなどカスタマイズして車高を下げる方法もありますが、車種によっては1550mm以下に納めるのは極めて難しいだけではなく走行性能や運転時のフィーリングが大きく変化してしまうのに加えて、タイヤの高さには空気圧などにより変化するためその誤差を想定して最適値を求める必要があります。

さらに、純正以外のパーツや工法を用いて改造を実施した場合には正規ディーラーや販売店でのサポートを受けられなくなる可能性もあるため、必ず理想通りのカスタマイズが可能であるという確証が無い限りはおすすめできません。

スポンサードリンク

ジムニーの外装を含めたパーツの魅力

ジムニーは4代目に進化したことで、外装が変わり各部のパーツも変化しています。

3代目はやや丸みを帯びた可愛らしいデザインでしたが、新型の4代目は初代を彷彿とさせる形です。

2代目と比べても、新型は明らかに初代を意識したデザインで、更に洗練さを加え現代的な形状に仕上げた印象です。

初代と大きく異なる点は、やはり外装色が全部で13色も用意されていることでしょう。

インパクトの大きいキネマティックイエローに、青空の下や海で映えるようなブリスクブルーメタリックなど、カジュアルな印象が強められています。

他にも、ミラーはコンパクトで実用的ですし、ライトは丸くて可愛らしい印象さえ与えます。

ジムニーは個性的ですが、人を拒絶するような癖ではなく、むしろ受け入れられる魅力を持ち合わせます。

ボンネットのパーツは、強度を高めるクラムシェルフード採用なので、ちょっと荷物を置くのに最適です。

サイドの窓もデザインに意識が向きますが、実は雪が溜まりにくい工夫が施されています。

バンパーはジムニーの外装パーツの中でも、象徴的で機能を感じさせる美しさがあります。

厚みを持たせることでタフさを演出していますが、実際に耐久性が優れているので、万が一ぶつかるようなことがあっても安心です。

バンパーコーナーは走破性を高める為に、あえて切れ上がるコーナーを採用しています。

一方、タイヤ周りは整備を重視していますから、余計な装飾やパーツは付けたりせず、台形のアーチで使いやすさを高めます。

標準でも、ジムニーは十分に魅力的な外装を備えていますが、自分好みに変えられるのもこの車の良さです。

タバコを吸ったり雨の日でも換気をしたい場合は、ジムニーのロゴが入っている純正のドアバイザーがおすすめです。

山道を走るなら、飛び石を防ぐデフガードも要チェックで、単なる外装パーツとして見ても格好良さがあります。

新型ジムニーには、何とエンブレムがLEDで輝く、エンブレムイルミネーションという外装パーツも用意されています。

選択肢が豊富で手を加える楽しさがありますから、新型ジムニーを手に入れたら、外装にも拘ってみるのが良いでしょう。

ジムニーは外観もカッコイイ

SUZUKIの人気車種であるジムニーですが2018年7月からモデルチェンジを行い、外観が古き良き昔のジムニーに近いものに変わりました。

ひとつ前の世代ではどちらかと言うと、角の立たない丸いフォルムが特徴でしたが、今回の新型ジムニーはとても角ばったハッキリとした印象の車両になりました。

近代的な丸い形のソフトなボディーが主流になりつつある今、昔のモデルを彷彿とさせるデザインにしたことで魅力を感じた方も多いのではないかと思われます。

最近のSUZUKIの自動車販売店では一番目立つところに飾られていることが多く、みなさんも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?

目を引くデザインとなっていると思いますので街中でもかなり目立っています。

外観から受ける印象は少し男性が好きそうな印象かと思われますが、女性が乗るとさらにカッコイイ車です。

そして、カッコよさもさることながら可愛さも兼ね備えている車両と言えます。

丸いヘッドライトがとても可愛く、優しい印象を与えてくれています。

色は9色ありイエローなど目立つ色もあれば、落ち着いた深緑色にすることもできます。

9色あれば必ず気に入る色があるのではないでしょうか。

元々、オフロードを走るために作られた車両ですので、舗装されていない道路を走るなど悪路を走るイメージがあるため街乗りには向かないのではないかと不安になられる方もいらっしゃるかもしれませんが、通常の一般道を走っていても全く違和感はありませんし、カッコ良くて可愛い車に乗っているという印象を周りの人は受けます。

ジムニーはその悪路の走破力などの性能面も凄いですが、外観も洗練されていて乗っていて楽しい一台になることは間違いありません。

ジムニーの性能などには興味はなかったが、外観が凄く良いという理由で購入を検討している方もかなりいらっしゃるのではないでしょうか?

それだけ、魅力的な外観をしているジムニー。

一度試乗されてみてはいかがでしょうか。

 

▲▲おすすめ記事▲▲
【スズキ・ジムニー】人気カラーは何?色見本をチェックしよう
【スズキ・ジムニー】後部座席と荷室容量や車中泊について
【スズキ・ジムニー】試乗した場合の試乗評価はどうか?ポイントは?
【スズキ・ジムニー】値引き相場についてはどうか?限度額や交渉のコツは?
【スズキ・ジムニー】オプションであるナビやパーツを選ぶには?

ジムニーが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは面倒…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、まともに聞いてもらえず

聞いてもらったところで

欲しい車に手が届かない。

そんな方にピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!

スポンサードリンク