下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!

ジムニーは一般的な軽車両に比べて目線が高めになっています。

運転のしやすさという点ではどうなのでしょうか?

横滑り防止装置などの安全装備についても解説しています。

スポンサードリンク

ジムニーは運転しやすいのか?それとも運転しにくいのか?

モデルチェンジが行われ、話題になったSUZUKIの大人気車種ジムニーですが、一般的な軽車両と比べて特殊な雰囲気を醸し出していることは事実です。

ジムニーの外観などは好きだけれど、乗ってみたら実際運転しにくい!とはなりたくないですよね。

実際のところ運転しやすいのか、運転しにくいのかを解説していきます。

まず、一般的な軽車両と比べて運転する際大きく違うところは目線の高さです。

今まで、軽車両に乗られていた方にとっては少し戸惑う高さかもしれません。

イメージとしては、大きめのワゴン車程度の高さだと考えて頂ければちょうど良いかと思われます。

ですので、今まで大きめのワゴン車などに乗られていた方は、あまり抵抗なく受け入れられる高さなのではないかと思われます。

高さに関しては運転しているとすぐに慣れますので、あまりご不安になられなくても大丈夫です。

次に、運転する際に大切なことと言ったら加速性能ではないでしょうか。

ジムニーは一般的な軽車両と比べて加速性能はかなり優秀と言えます。

もともと、山道などの急な坂道などを走破するために作られた車両ですので、車両自体の力はかなり強いです。

なので、街中にたまに現れる急な坂道などもストレスを感じることなく簡単に進むことができます。

総合的に判断してもかなり運転しやすい車両の1つではないかと考えられます。

強いて運転しにくい点を挙げるとするならば、「車両の揺れ」でしょうか。

車高が高いのでまだ舗装されていない道路などを通行する際には、他の車両に比べて揺れが大きいように感じるかもしれません。

しかし、普段の生活の中でそのような悪路に入ることはほとんどないかと思われますので、そこまで気にしなくても大丈夫です。

最後に、ジムニーは悪路を走破するポテンシャルを持っていることはもちろんですが、一般道でもとても運転しやすい車両です。

ですので、運転しにくい車両なのではないかという不安は持たなくても大丈夫です。

スポンサードリンク

新型ジムニーには安全性に配慮した機能や自走ブレーキまで装備できます

新型ジムニーは新しい機能が以前のモデルとは異なり、かなりの数を網羅しています。

安全性に特化している機能が盛り込まれていてエアバッグを全モデルに標準搭載していることの他に、歩行者に対して衝撃を吸収できるボディに仕上がっています。

運転者を守るために安全性を高めたフレームを強化していて、衝撃に耐えることができる設計です。

標識を認識する機能もあり、例えば一時停止の標識があればブザー音で運転者に伝えることができる機能です。

車線を逸脱してしまうことが無いように配慮された機能も優れています。

同じようにふらつき運転をしてしまった際にも車線を逸脱するようであれば、ブザー音で運転者に伝えることを可能にしています。

眠気を感じてしまっても、常に安全に走行できるように配慮した機能になります。

デュアルセンサーブレーキサポートという機能も魅力があります。

前方に衝突する可能性のある障害物などがあれば、警告音と同時にブレーキを自動的に作動させる新しい安全機能です。

誤発進抑制機能もあります。

停車時から急発進する際に、前方に障害物があればブレーキサポートを行ってもらえる内容です。

このような自走ブレーキシステムについては、2018年以降では多くの車種に設定されているものですが、ジムニーのような軽自動車の区分ではかなりの安全さを実現しています。

よそ見運転やアクセルとブレーキの踏み間違えなどが問題化されていることも現状ですが、新型ジムニーの場合では、その殆どをクリアすることができる安全性を維持しているので、運転に不安を感じている方でも問題がありません。

安全性は他にも細かい部分にまで及んでいて、ヘッドライトの自動点灯機能や、ヘッドライトウォッシャーの機能、サイドミラーの曇り止め、若しくは雪解けを行える機能もあります。

フロントとリヤの両方共に3点シートベルトを採用していることも、オフロードを走行させるジムニーには安全性を確保していることになります。

スポンサードリンク

2018年販売のジムニーには横滑り防止装置がついています

2018年にモデルチェンジを果たしたジムニーは装備が充実しています。

以前は無かった機能に横滑り防止装置というものがあり、トラクションコントロールとセットになります。

ジムニーは性能として崖でも走破できるもので、当然ながら4WD仕様車になるのでオフロード走行能力には非常に優れた車種です。

横滑り防止装置は一般的には普通車に限定されていたものですが、この度法改正によって装備されたことも事実です。

悪路走行でも問題がないジムニーなので滑ってしまうという場面が少ないものです。

純正でも履かせているタイヤもオフロード用に設定されていて、普通車のタイヤとは大きく異なっています。

このことから、横滑り防止装置は実質上不要のものとして考えることができますが、使えるシーンというものは少なからず存在しています。

例えば冬期間に積雪のある道路やアイスバーンの道路の場合、発進時やカーブなどを走行させている際には、横滑りを起こしてしまう可能性は非常に高くなります。

そこで2018年にモデルチェンジをしたジムニーであれば、どのような雪道でも滑ることなく走行することができるので、横滑り防止装置が備わっていることで悪路の走行では無敵な存在といっても過言ではありません。

実際に冬道走行をさせていると、交差点付近は路面が特に凍っていることが目立ちます。

信号待ちから青信号で発進させる際には、普通の4WD車でも横滑りを起こしてしまうという事例はあります。

ジムニーはこのような路面でも十分な能力を発揮しているので、車体が斜めになってしまったり、他の自動車に発進時に後部がぶつかってしまう可能性も低いものと考えられます。

古くからのジムニーの愛好家の中には不要な装備であると考える人も存在しているのですが、この装置によってジムニーは4WDの軽自動車の中でも悪路走行については最強クラスに仕上がっていることも事実です。

雪道だけではなく雨降りの日の峠の走行時でもその能力を発揮させることもできます。

ジムニーを安全に運転するときには注意点というものはあります

自動車運転は常に道路交通法を守って運転することは当然のことですが、新型ジムニーを好んで購入されている方のケースでは、一般的な注意点の他に、車種特有の注意点もあるので、しっかりと確認した上で運転を行うことが必要です。

ジムニーの場合では悪路走行に関しては非常に力強い車種です。

泥道でも雪道でも問題にせずに走破することを可能にしていますが、その一方で高速道路などの走行には優れているとは言えない部分もあります。

軽自動車の場合、排気量が660ccになるので、ジムニーの車体の大きさやタイヤサイズの大きさを考えても、高層道路上で追い越しをする際には注意が必要です。

右車線から追い抜きをしようと車線変更させる際には、常に後続車の状態をチェックする必要があります。

もしも既に右車線の後方に他車が走行している場合では、危険が生じる可能性があるので、必ずミラー越しに目視で確認することが必要です。

タイヤが大きく車高も高いジムニーの場合では、普通の走行をしていると、意外に見通しが良いと感じることもできます。

しかし、市街地や住宅街などを運転している時や、多くの人で賑わっている商業施設の駐車場などを運転する際には、車体の直ぐ近くに小さなお子さんなどが居る場合では、運転席から死角に入ってしまう可能性も十分にあるので、特に走り出し時には注意点があります。

バックする時も同じように、車体後方の下側を十分に確認することも欠かせません。

悪路でも安定走行を行えるジムニーですが、ボディバランスについても優れている一面があります。

このことから勾配のある坂道でも安全に走行させることはできますが、公道ではなくオフロードでの勾配を運転する時には転倒してしまう恐れも出てきます。

このことは車高の高さが原因となる内容ですが、あまりに勾配のきつい路面を運転させる際には十分な見極めが必要です。

死角についてはどのような車種でも存在していますが、ジムニーを購入した後に死角を無くすためのミラーを後付けする方法も効果はあります。

ジムニーが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは面倒…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、まともに聞いてもらえず

聞いてもらったところで

欲しい車に手が届かない。

そんな方にピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!

スポンサードリンク