下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!

新型ジムニーを購入する時のローン返済額は把握していますか?

残価設定ローンについても解説しています。

ジムニーを購入した後の維持費についても知っておきましょう。

スポンサードリンク

ジムニーを購入する時にはローンの返済を把握することが大切です

新型ジムニーの購入を検討している人の中には、ローンを使って購入しようと考えていることも珍しいことではありません。

軽自動車に分類されているように比較的諸経費を安くして購入することができますが、新型ジムニーには複数のグレードが用意されているので、それぞれの価格によってローン内容も変わってきます。

最もグレードの低いタイプでは車両本体価格が約145万円です。

逆に最も高いグレードの場合では約184万円になります。

中間のグレードとして約160万円のグレードを例にしてみると、車両本体価格にプラスして20万円程度のオプションを設定した際には、総額で180万円と考えることができます。

月々のローンの返済額を無理することなく支払える額面を2万5千円に設定してみると、12ヶ月で30万円の支払いになります。

この額面にプラスしてボーナス時の返済額として年間に10万円を足してみると、1年間で40万円の支払いになることが分かります。

総額180万円のジムニーを年間40万円のローンで考えてみると、4年半程度で全てを完済できる計算です。

この内、半年分を何とか工面することが最も良い方法と考えることができ、実際には4年間のローンであれば全く問題はありません。

一般的な自動車ローンの場合、3年や5年に設定することが多いので、勿論4年ではなく3年に設定することも一つの方法です。

この点については下取り車の価値によって大きく影響されるといっても過言ではなく、下取りに出した自動車が例えば30万円で売れたという事例では新型ジムニーの総額を差額で150万円にすることができるので、この範囲ではれば3年ローンでも無理ではありません。

自動車ローンの多くは低金利になるので長期間の利用でもあまり損をしてしまうことが少ないものと判断できます。

しかし、残債が残っている状態では借りていると同じ意味合いを持つことになるので、できるだけ短期間で返済を考えることも良い方法です。

スポンサードリンク

新車のジムニーをローンで買う際にはシュミレーションは大切な内容です

新車でジムニーを購入する人にとって、購入額とローンの返済について少し迷ってしまうことも想定できます。

中古車であれば比較的安く購入でき、現金一括払いでも対応できる方は存在しています。

しかし、新車での購入ではまとまった料金が掛かってしまい、ローンの返済をできるだけ少なくするには、ジムニーの中でも最も低いグレードを選択するということもできます。

ジムニーは最も安いグレードで本体価格が¥1,458,000、最も高いグレードで¥1,841,400になります。

自動車の購入で考えた場合、最高グレードでも決して高額とは言えない範囲でもあるので、ローンを気にしている方でも、基本は欲しいグレードに的を絞ることも間違いではありません。

ローンのシュミレーションをしてみることも大切になり、メーカーの公式ホームページでもシュミレーションを試せるボタンを見つけることができますが、実際のトータルの価格については購入者によって違いが出てくることも少なくありません。

その中には車両本体価格に対しての値引きの額面と、希望するオプションパーツの設定、下取り車の状態によっても違いが大きく出てしまいます。

シュミレーションを行うには、まずは、最高グレードで考えてみることも一つの方法です。

¥1,841,400という車両本体価格ですが、値引きに成功したと想定して¥1,800,000に出来た場合、オプションも装備してこちらも値引き対象にできた場合では、総額で約¥2,000,000とすることも不可能ではありません。

この額面に対して下取り車の価格を20万円と想定すると最終的な支払額は¥1,800,000です。

この金額を5年払いで考えた場合、利息分はありますが、年間に約36万円の支払いにすることができます。

さらにこの額面を12回で割った場合1月に約3万円の支払いです。

この計算は最高グレードでオプションを付けた金額になるので、それ以下のグレードを選んだ場合ではもっと負担を少なくできます。

長く乗る続けることができるので、妥協をしないということも間違いではありません。

スポンサードリンク

ジムニー購入は残価設定ローンを選ぶべきか

新型ジムニーが発売されてしばらくたちますが、相変わらずの人気で納車待ちの状態も珍しくないようです。

ジムニーはお手頃な価格設定の割りに頑丈な作りとデザインの良さが人気の理由となっています。

軽自動車と普通自動車の2タイプが販売されていますがいくらお手頃価格といっても自動車の購入にはそれなりのお金がかかるものです。

ジムニーに乗りたいと思ったら通常のローンと最近話題の残価設定のどちらを選ぶべきなのでしょうか。

残価設定とは聞きなれない人や見聞きしたことはあるが詳しい内容までは分からないという人も少なくないことでしょう。

通常のローンとは異なり頭金がいらなかったり手持ちが少なくても新車の購入が可能ということで人気を得ています。

なぜ手持ちが少なくてもよいかというとあらかじめ中古車として売りにだす時の価格の分が差し引かれているという仕組みになっているからです。

人によっては一度購入した車は廃車になるまで乗り続けるという人もいることでしょう。

でも比較的短い期間で売りに出して新車に乗り換えるような場合には中古車といってもそれなりの金額がつくケースも多いといえます。

ですからその分のお金を次の新車購入の頭金にするというパターンも一般的なのですが残価設定というのはその金額がはじめに予想してひかれているというイメージです。

もしその自動車に乗っていて事故にあって傷がついてしまったりした場合には車の価値が当初の予定よりも下がってしまうことになりますから場合によっては差額を支払う必要が生じる場合もありますし、事故で廃車になってしまうような事態になってもローンの支払いは続くことが一般的ですから、契約をする前にはしっかりと内容を確認しておくことが重要となってきます。

ですから普通のローンと比較すると金額の負担は比較的少ないですが車に傷をつけないように普段から気を使う必要がありますから自動車保険も車両保険をつけるなどの検討が大切です。

果たしてその維持費は高いのか?異端児ジムニーの姿

ジムニーという車については車好きなら説明の必要もないと思いますが、一応説明をば。

ジムニーとは「オフロード車」と「軽自動車」との融合を目指した車であり、似たようなコンセプトのスズキシエラと比較するとよりオフロード車よりの設計となっています。

強力な足回りに加え、軽でありながら1000㎏を超える巨体、そして四輪駆動。

しかしながらそんなジムニー、一般的に維持費はかなり高いとされています。

これに関してまず事実を述べるならば、同価格帯の軽自動車、オフロード車と比較してカタログスペック上の燃費は劣っており、それが維持費の高騰に直結している、といえます。

ジムニーの燃費が劣るのは先ほど申し上げた1060㎏という重量を軽自動車として認められるギリギリのエンジンで支えていることに加え、主にアウトドアに使われる車であるために釣り竿やキャンプ用品といった重量級の荷物を積み込みがちであることが拍車をかけていると言えるでしょう。

が、弁護すべき点ももちろんあります。まず第一に実燃費について。

シエラに比べてカタログスペックとの乖離が小さく、5~6km/Lの乖離が当たり前とされる業界において約3km/Lの乖離と言うのは評価に値するでしょう。

また、これだけの努力をして軽自動車という枠に抑えているだけあって車体費用、車検費用共に安く、頑丈さから考えても決して維持費が高い、と一概に言い切れるものではありません。

また、少々極論になってはしまいますが、ジムニーを燃費で語るべきではない、という意見もあります。

オフロード車を目指した以上は平坦な道を如何に高燃費で走れるかを語るのはナンセンスであり、そのコンパクトで小回りの利く走破性にこそ目を向けるべきだ、という考え方もあります。

つまるところ、街乗りメインで乗り回したいのなら大人しくスズキシエラかあるいは普通の軽自動車を買うべきだ、ということですね。

あくまでもオフロードがメインで街乗りはそこへ向かうためのサブの車である、と考えるべきでしょう。

 

▲▲おすすめ記事▲▲
【スズキ・ジムニー】人気カラーは何?色見本をチェックしよう
【スズキ・ジムニー】後部座席と荷室容量や車中泊について
【スズキ・ジムニー】試乗した場合の試乗評価はどうか?ポイントは?
【スズキ・ジムニー】値引き相場についてはどうか?限度額や交渉のコツは?
【スズキ・ジムニー】オプションであるナビやパーツを選ぶには?

ジムニーが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは面倒…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、まともに聞いてもらえず

聞いてもらったところで

欲しい車に手が届かない。

そんな方にピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!

スポンサードリンク