下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!

新型ジムニーにはシガーソケットが元から装備されていません。

ただオプションでアクセサリーソケットを付けることはできます。

おすすめのアクセサリーパーツについても紹介しています。

スポンサードリンク

新型ジムニーのアクセサリー用の電源の活用方法について

新型ジムニーは最近の自動車と同じように灰皿やシガーソケットの装備が純正では設定が無いことが前提です。

オプションでアクセサリーソケットを付けることはでき、この部分から電源を取ることは十分にできます。

シガーソケットと同じ存在として利用することができ、最近ではスマートホンや加熱式タバコなどを用いている人も増えているので、充電用の電源として利用することにも役立ちます。

新型ジムニーを購入した後に、アクセサリー用の電源を用いて活用することを検討している人でも、その用途はかなりの範囲を想定できます。

例えばトラブルに巻き込まれてしまうことが無いように、ドライブレコーダーを購入することも増えています。

レーダー探知機なども装備させることを希望していたり、ETC用の電源が必要になることも多いものです。

このような電化製品を車内で使うには、アクセサリー用の電源を用いることが基本ですが、オプションのタイプはソケット部分が1つに限定されています。

いくつもの電化製品を設置する際には、カー用品店やホームセンターで販売されている3連ソケットや4連ソケットを購入してソケットを増設することが最も簡単な活用方法です。

しかし、設置場所によってはコード類の処理を綺麗に行うことが難しいことも多く、ダッシュボードの中央付近に沢山のコードを固定するには見栄えが良いとは言えない状態に陥ってしまうこともあります。

このような不具合を解消する方法もあり、車内に設置されているヒューズボックスを活用することが基本です。

カー用品店などを利用するとヒューズから電源を取れるパーツが販売されているので、取り外しをせずに長く利用する電化製品などのパーツの場合、この場所から電源を取るとスマートなコードの処理を行うことができます。

ヒューズボックスを利用する際には常時点灯するものではなく、必ずアクセサリーに向いているACC電源を使うということもアクセサリーを充実させるには基本的なことです。

スポンサードリンク

ジムニーのアクセサリーカスタムはソケットに差し込むだけです。

ジムニーは昔から人気のある車種で、改造するために必要な部品も多く出回っています。

足回りを強化するためには車高を調整するためのパーツを組み込みます。

これを導入することで車高を自由に調整することが出来て、路面から受ける衝撃を受け流すことが出来ます。

価格は安いものでは数万円ですが、高いものになると20万円、30万円という価格になります。

高価格なものは性能が高く、耐久性も高いものが多いです。

耐久性が必ずしも価格に比例するわけではないですが、確実に性能を高めるのであればある程度の出費は仕方ないです。

ジムニーは悪路を走るために設計されているので、普通の車よりも元々車高は高めに設定されていますが、車高調整を行うことでさらに厳しい道を走破することが出来ます。

内装もアクセサリー用品をつけることで便利になります。

ソケットに差し込むタイプのものであれば何でも使用可能です。

変圧器を用意すれば普通の家電製品も使うことが出来るので、工夫次第で車内を快適に進化させることが可能です。

ジムニーを車中泊に使う人は意外と多く、車中泊のために作られたカー用品も販売されていて、インターネット通販などで購入することが出来るので便利です。

ジムニーはフルモデルチェンジを経て、最新の設備と高い走行性能を手に入れました。

しかし、伝統的なフォルムや基本性能は一切かわることがないので、根強いファンからあつい支持を受け続けています。

ジムニーは四角い外観と丸いヘッドライトが有名で、このスタイルが好きな方はたくさんいます。

タイヤホイールは純正でも十分格好良いですが、SUVらしさを際立たせたいのであれば力強いデザインのものを装着することもおすすめです。

軽自動車でありながら本格的なクロスカントリー性能を持っていて、コストパフォーマンスを非常に優れています。

手軽に楽しめる車であり、ロングセラー車種として有名なジムニーは今後も人気が上昇し続けるはずです。

スポンサードリンク

ジムニーのおすすめアクセサリーで自分仕様の車にチェンジしよう

新型ジムニーのアクセサリーを選ぶには、スズキの店頭でアクセサリーカタログを貰うか、ネットでスズキの公式ホームページにアクセスして電子版アクセサリーカタログを閲覧する方法があります。

アクセサリーには、純正のものとカスタムするものとがあり、簡単に自分の好みに応じた車に変える事が出来る所にアクセサリーの良さがあります。

インテリア関連のものでおすすめは、「本革パーキングブレーキカバー」がおすすめです。

新型ジムニーのインテリアはブラックが基調となっており機能的でスッキリとしていますが、人によっては殺風景なイメージを持ってしまいます。

色は2種類あり、ブラック、イエローステッチなら黒いイメージはあまり変わりませんが、黄色のステッチがあることでアクセント効果があり、さり気ないオシャレが実現します。

同じ種類で「本革ドアグリップカバー」「本革助手席乗降グリップカバー」もあるので3点を揃えることでよりオシャレ感が増します。

ジムニーの背中にあるスペアタイヤのハーフカバーが特徴的ですが、このスペアタイヤに付けるタイヤカバーはどうでしょうか。

貼るだけの状態のシートをデカールと言いますが、「スペアタイヤハーフカバーデカール」には6種類くらいのものがあります。

標準のシンプルなカバーをデカールすることで遊び心満載にカスタマイズすることができます。

スペアタイヤカバーには純粋アクセサリーとしてロゴマークの入った物があり、漢字で「四駆」というロゴが入っているもの、サイの柄が入った「サイ」の2種類が販売されています。

スペアタイヤは剝き出しのままでもカッコイイですが、紫外線による劣化が気になる場合はカバーを装着する方が良いかもしれません。

またジムニーのフロントグリルもおすすめで、他の人のジムニーと同じではなくひと工夫したい場合などに適しています。

ただし純粋アクセサリーからは1点しか出ていませんが、ジムニーのフロントマスクの雰囲気を一新してくれます。

便利なものからおしゃれなものまでジムニーのアクセサリーカタログを知ろう

スズキの販売しているジムニーといえばアウトドアをしたいときに活用できる車です。

たくさんのアクセサリーも用意されているのでカタログを知っておくといいでしょう。

新型ジムニーは純正のフロントグリルが用意されています。

こちらはカタログにも掲載されているもので見た目を大きく変更できるのが魅力です。

デザイン性だけでなくエンジンやラジエーターに空気を取り込む役割を持つ一石二鳥な商品と言えます。

冷却を促しボンネットの熱を冷ましたいときに便利です。

サイドデカールは車両位の横部分に貼り付けるもので赤いステッカーがあります。

デカールは転写法を用いたもので単純にドレスアップしたいときに使える商品です。

凝ったデザインをしているので見た目が気に入ったのなら会の商品と言えるでしょう。

スペアタイヤハーフカバーデカールはスペアタイヤのハーフカバーに貼り付けるものです。

こちらもこだわりのデザインにしたいときに使えます。

マッドフラップセットはタイヤの後ろのつける泥除けの効果を持ち、後続車に泥跳ねをしないようになるのがメリットです。

ぬかるみや山道を走るときに活躍してくれるものでマットの色はレッドとブラックの2種類、アウトドアを楽しみたいときに便利と言えます。

ロッドホルダーや釣りに行くときに便利な商品で車内の天井部分にキャリアを取り付けて収納可能です。

サイドアンダーガーニッシュは乗り降りをするときにステップ部分に取り付けます。

ガーニッシュは飾りという意味を持つので見た目を変更するときに使える商品です。

インテリアに高級感を持たせたいときにはシフトゲートパネルが使えるでしょう。

ウッディタイプのパネルを取り付ける事ができるので高級車のような外観にできます。

本革ステアリングはスポーツスタイルにぴったりな商品で、ハンドルがかなり変化するのが特徴です。

遊び心のある商品として人気を博しているので余裕があるのなら購入するといいといえます。

ジムニーが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは面倒…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、まともに聞いてもらえず

聞いてもらったところで

欲しい車に手が届かない。

そんな方にピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!

スポンサードリンク