下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!

ジムニーの改造パーツではマフラーが人気のようですね。

内装のカスタムパーツはネットでも専門店があります。

タイヤのインチアップなども解説してますので参考にしてください。

スポンサードリンク

ジムニーの改造パーツの中でもマフラーは人気があります

ジムニーはノーマルの状態でも優れたオフロード走行を可能にしていますが、この自動車の場合では改造パーツが非常に豊富なことも魅力を感じることができます。

以前から人気車種になり、ジムニーのオーナーは何かしらの改造を行って乗っている人が多いことも実情です。

数多くある改造パーツの中でも人気の高いパーツには、マフラーを挙げることができます。

純正マフラーの場合では比較的シンプルな形状と性能になりますが、改造パーツとして販売されているマフラーの中にはノーマルよりもレスポンスを向上させることを可能にしているものがあります。

1990年代にはマフラーの交換については爆音タイプなど比較的音の大きなものが人気がありましたが、現在では規制と共にユーザーの意識も高まっており、車検時にも問題なく通過できるタイプが主流です。

実際に販売されているジムニー用のマフラーでは、静音設計にされているものや、サイレントパーツまで販売されています。

アクセルワークをスムーズにでき、噴け上がりの良さを実現しているものをメインにしていて、ノーマルと比較をすると大口径のタイプが人気です。

トルクとパワーアップに貢献できる改造パーツになりますが、見た目はノーマルに近いタイプから、大きく見栄えを変えることができるタイプなど様々なものがあります。

素材は綺麗で腐食をしにくいステンレスマフラーをメインにしていますが、出口部分についてはチタンを利用しているものがあり、チタン独特の輝きを実現しています。

本来であれば性能を向上させるために交換することが基本になりますが、ジムニーのマフラーはドレスアップ効果も十分に期待できることにも魅力があります。

予算的には実売価格で4万円台から6万円台をメインにしながら、高級品の場合8万円程度で売られています。

決して高額な改造パーツではないので、ジムニーを改造したいと考えている方であれば、最初に手を付けることに最適なパーツとして考えることができます。

スポンサードリンク

ジムニーのカスタムで内装にこだわりを持つパーツの数々があります

ジムニーを購入した後には、数々のカスタムを満喫することができ、このことが魅力の一つとして感じている人も数多く存在しています。

実際にジムニーのカスタム用パーツは非常に数多く販売されているので、趣味趣向に合わせたパーツを見つけることでより一層カーライフを充実させることができます。

カスタムを内装に限定してみると、こだわりのあるパーツを見つけることができ、インターネット上で営業をしている専門店やECサイトでも販売されています。

ステアリングの見栄えを良くするパーツもあり、ハンドルカバーの他、ハンドル中央に設置するカバーまで取り付けることができます。

メインになるメーターとエアコン部分、シフトノブの部分、ミラー調整スイッチ部分に取り付けるガーニッシュも人気があります。

ダッシュボード中央部分に取り付けを行えるカバー類も充実していて、高級感を発揮することをカスタムの目的にしている方であれば、ウッド調に仕上げることができるカバーも販売されています。

内側のドアハンドルやドアパネルやエアコンスイッチなどに対しても交換可能な内装パーツが揃っているので、カラーリングや質感などを重視して統一してみることも一つの方法です。

パネルやカバー、ガーニッシュなどの基本的な内装パーツの場合では、金属質のものからウッド系のもの、カーボンタイプのものまであるので完全に趣味に合わせることができる充実振りを発揮しています。

これらはインターネットの通販で簡単に入手できるものになりますが、ジムニーの場合ではカスタム専門店が存在しています。

地域は限定されてしまいますが、オリジナルパーツを多数取り扱っている専門店を利用するとグレードの高いカスタムを満喫することができます。

DIYで自ら内装のカスタムを行う方法もあります。

曲面に対応している自動車用のシート類も多数販売されているので、ラッピング感覚で内装をシートで貼り付けを行う方法でも他には無いカスタムを成功させることは可能です。

色々な楽しみ方があるのでアイデア次第では既製品に限定されずに内装を華麗にチェンジできます。

スポンサードリンク

ジムニーはタイヤ のインチアップで個性的に

新型ジムニーが発売されて以来、大人気となっているようです。

近頃は自然災害で河川の氾濫などが度々おこっている中、たいていの車が水没した道路で立ち往生しているところ、ジムニーだけが水量を気にせずにぐんぐん進む様子がニュースなどで映し出されるたびに、災害時にも役に立つ頑丈な車が欲しいと願う人が増えているともいえるでしょう。

ジムニーは軽自動車と普通自動車のタイプがありますが、どちらも悪路走行にも心強い作りとなっています。

一般的な自家用車は浸水してしまうとその後サビが出てしまったりエンジンが故障してしまうようなトラブルが起きる可能性があるのですが、ジムニーはシンプルな構造になっていてこうした浸水にも強いといえます。

軽自動車の場合にはタイヤをインチアップすることでさらに車高を高くすることも可能となってくるのでタイヤのインチアップをする人も少なくないことでしょう。

そのような災害時を想定してインチアップをするだけでなく見た目の問題でタイヤのサイズを変える人もいます。

軽自動車でもタイヤをインチアップしたジムニーは迫力があってとてもオシャレです。

最近では軽自動車でもナンバーを黄色から白色に選択することも可能になっている場合があるのでタイヤをインチアップして白ナンバーとなると、もはや軽自動車という雰囲気ではなくなるかもしれません。

そのように自分好みにカスタマイズすることができるのがジムニーの魅力ともいえます。

デザイン上だけでなく、ジムニーの場合にはいざという時にも安心できる車といえますので人気が出ているのも納得です。

軽自動車か普通自動車にするか迷うところですがどちらの場合でも後部座席にはドアがないので後部座席に乗り込む際には前の座席を倒して乗るということになります。

もし頻繁に後部座席を使う場合にはそのような点も考慮する必要があるといえます。

普通自動車でタイヤをインチアップすると車高の問題も出てきますのでじっくり考えてみましょう。

ジムニーの改造にはインチアップがおすすめです

ジムニーの新型車はノーマルの状態ではタイヤサイズが175/80R16に設定されています。

このサイズはエンジン能力とボディの形状からすると最適なサイズと判断することができ、ハンドルの取り回しも良好なサイズです。

しかし、ジムニーの愛好家の中ではタイヤサイズ、アルミホイールサイズをインチアップさせることが古くから行われていることも事実になり、改造やドレスアップを目的にしていても、おすすめの内容として挙げることができます。

一般的な乗用車の場合では、インチアップするには限界が狭いことは実情です。

例えば205/55R16のタイヤの場合、インチアップするには215/45R17など外周を変えずに太さを保って扁平率を下げるということは大前提になります。

ところがジムニーの場合では、許容範囲がかなり広く設けられていると判断できる車種になり、まずはタイヤハウスの状態からチェックできます。

ノーマルタイヤを履かせている状態でもタイヤとフェンダー部分には十分なスペースがあります。

そのため、ノーマルでは16インチになりますが、20インチ以上のインチアップでも十分に対応させることができます。

インチ数を大きくした場合では、通常では扁平率を下げてセッティングする内容に留まりますが、ジムニーの場合ではタイヤ外周を大きくしても装着することはできます。

改造パーツの中にはリフトアップをさせることができるものが歴代のジムニーでも販売されています。

このパーツと併用した場合では、8インチものインチアップを成功させたという事例もあるので、自分好みに設定したい方にはおすすめの改造方法です。

尚、タイヤの幅については車体のフェンダー部分からはみ出さないということが必須要件になるので、公道を走行させる際には注意が必要です。

また、大きなタイヤに変更するとセーフティーサポート機能が正常に機能できない場合もあるので、この内容にも把握することが肝心です。

インチアップは上手く行うことでアルミホイールの見栄えでドレスアップ効果を期待できるおすすめの方法です。

 

▲▲おすすめ記事▲▲
【スズキ・ジムニー】人気カラーは何?色見本をチェックしよう
【スズキ・ジムニー】後部座席と荷室容量や車中泊について
【スズキ・ジムニー】試乗した場合の試乗評価はどうか?ポイントは?
【スズキ・ジムニー】値引き相場についてはどうか?限度額や交渉のコツは?
【スズキ・ジムニー】オプションであるナビやパーツを選ぶには?

ジムニーが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは面倒…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、まともに聞いてもらえず

聞いてもらったところで

欲しい車に手が届かない。

そんな方にピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!

スポンサードリンク