下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!

新型ジムニーの後部座席をフラットにした場合の利用方法。

後部座席の改造方法から気になる荷室容量などの紹介。

車中泊に対応させる際の注意点についても解説しています。

スポンサードリンク

ジムニーの後部座席はフラットになるのか

ジムニーを利用するうえで悪路の走破性が良いことはとても便利ですが、その際には荷物をたくさん載せられるかも重要なポイントなります。

アウトドアで利用する機会が多いこともあり、キャンプ用具やアウトドア用品などいろいろなアイテムを載せることも多いです。

そのようなときに収納スペースが小さいと多く載せることができず、また凸凹していると積んだ荷物も斜めになったりして大変なことになることもあります。

そのようなジムニーですがたくさんの荷物や大きな荷物を積みたい場合には、後部座席を倒すことも選択肢の一つです。

ジムニーの後部座席は倒すことができ、それは床下に収納するような形になるのでフラットにすることができます。

フラットになることで荷物をたくさん載せることができるだけでなく、平らな状態で置くことができるので安定します。

そのため二人以下の乗車時であれば、後部座席を倒してたくさんの荷物を載せることができるようにしておくことも選択肢の一つです。

後部座席を倒してフラットにした状態での荷室の大きさは、幅1300mmの高さ850mmそして床面の長さが980mmとなります。

この大きさは長さが1300mmのゴルフバッグを横に2個乗せることができ、二人分の登山用品なども楽々収納することができます。

これによって荷物が多くなりそうなときもそれほど心配することなく、積むことができ安心です。

また脚立などの長いものを乗せたい場合には、後部座席を倒すことに加えて助手席を倒すことでさらに広く使うことができます。

助手席もほとんどフラットにすることができるので、車に積める長さであれば安心して積み込むことが可能です。

このようにジムニーの収納スペースは、後部座席を倒すことで格段に広く使うことができます。

フラットになるので様々な利用方法があるので、どのように使えるのか実験してみることも楽しみ方の一つです。

ジムニーを検討する際は、このような点も把握しておくようにしましょう。

スポンサードリンク

新型のジムニーでも後部座席の改造方法があります

2018年販売の新型ジムニーは、フロントシートとリヤシートに分かれていて、4人乗りに設定されています。

ジムニーは普段の移動手段や買い物用、街乗りでも問題なく乗り続けることができますが、本来の性能を発揮するのはオフロード走行です。

普段はあまり経験することが少ない環境になりますが、ジムニーの所有者の中にはオフロードを含むアウトドア関連に興味を持っている人が沢山いることは事実です。

アウトドアを満喫する際には、車中泊を行う方も存在していて、ジムニーの場合では後部にテントを張ることができるキットなども販売されています。

車中泊を希望している場合でも、純正パーツでプライバシーカーテンが用意されているので、窓ガラスを隠すことも可能です。

しかし、車体は軽自動車になるので、車内のスペースはどうしても狭くなってしまいます。

新型ジムニーでは助手席を倒してリヤシートも畳んだ場合では、後部座席の部分と合わせて床面をフラット化させることができます。

これだけでも十分なスペースを確保できるのですが、もっと本格的に後部座席部分を改造する方法もチェックできます。

例えば後部座席を取り外してその後ろのラゲッジスペースと合わせてベッドに作り変える方法もあります。

木材を加工して平らに仕上げる方法もあり、ウレタンマットを上に敷いて本格的なベッドに改造することも不可能ではありません。

1人でアウトドアを満喫する方であれば、後部座席を取り外す必要はありませんが、2人で旅行に出掛けるようなときには、かなりのゆとりを持たせることに成功できます。

実際に歴代のジムニーではインターネットの通信販売でも専用のベッドマットが売られているので、このような商品を購入してみることもおすすめです。

フラットボードの制作については、少し手の器用な方であればDIYの範囲でも十分に作ることは可能なので、アウトドアで車中泊をしてみたいと考えている方ならば後部座席を改造してみることで、趣味を満喫することができます。

スポンサードリンク

新型ジムニーの気になる荷室容量

自動車の荷室容量は後から付け足すことは不可能なため、一定の荷物を運ぶ目的があるならば重要な要素となります。

先日モデルチェンジが行われた新型ジムニーに乗り換えたいユーザーにとって、旧モデルと比較してどのような変化があったのかを事前に確認しておきたいところです。

新型ジムニーのラゲッジスペースの荷室容量は352Lもの大容量で、開口部が広いだけではなくフロアの底部はリアタイヤなどの突起物がないフラットな作りでスペースを有効活用して荷物を積載でき、積み下ろしがしやすいのが特長です。

荷室開口部は1030mm、荷室開口幅は850mmとゆったりしているのに加えて、荷室床面長は4人乗りの場合は240mmですが、後部座席を倒せば980mmまで広げることができます。

この状態であれば9.5インチ程度のゴルフバッグを横倒しにして2つ搭載でき、2人でゴルフに行くのには打って付けで、XCとXLにはラゲッジボックスを搭載しているので小物を収納することもできます。

ラゲッジボックスにはロングブーツを収納できるほどの大容量であるだけではなく、その下にはツールボックスがありドライバーやレンチなどの収納も可能です。

さらに助手席のシートを倒せばラゲッジスペースから前方まで室内長1795mm、室内幅1300mm、室内高1200mmのフラットで縦に長いスペースを作り出すことができ、スキーやスノーボード、釣竿、脚立など長尺のものも収納できます。

また、XGグレード以外の全車種にはラゲッジスペースの床面が樹脂製の防汚タイプになっており汚れがつきにくく、仮に汚れが付いても軽く拭き取るだけで綺麗になるほか、表面が滑らかなので重い荷物を積み下ろす際にも程よいスライド感で楽に移動させることができるのも便利です。

新型ジムニーでは旧モデルと比較しても必要十分な荷室容量が用意されておりだけではなく随所に渡り使いやすさを追求しており、荷物を頻繁に運びたい方におすすめできる仕様となっています。

ジムニーで車中泊はできるのか

ジムニーで車中泊はできるのか、その疑問に対する答えはイエスです。

とはいえ2018年に20年ぶりのフルモデルチェンジをしたスズキのジムニーは自然にあふれた土地の走行は適しているものの、車中泊を行うには些か狭いと言えます。

しかし条件を満たせば可能なうえに快適に過ごせるものです。

その条件に触れる前に明確にしておかなくてはならない事があります。

それは後頭部座席の改造で、所有者によっては狭い後頭部座席を取り外すケースも多いです。

けれども注意しなければならない点はその改造が違法に触れる可能性に尽きます。

無論ネットではジムニーの後部座席の改造法は紹介されているうえにそれを助けるキットもあり、さらに改造と言ってもスライド式にさせるような些細なものがほとんどです。

そのうえで注意しなければならない点は車検で、いくら快適にするためとはいえ、後頭部座席の改造は車検に引っかかる恐れがあります。

そのため自己責任の面が強いものの、災害での避難場所の確保として車中泊を出来るようにしておくメリットはあるのでまさに一長一短です。

車中泊と言えばキャンプを連想しやすいですが、災害が多い昨今では避難場所でも注目されています。

2018年に発売された新型タイプはフロントシートが前面にスライドし、ヘッドレストを外せばリクライニングできるのが特徴的です。

もっとも空間スペースを考慮すると1人、多くても2人が限度となります。

おまけに取れる大勢も限られてくるため、ただ車のスペックに頼っていては快適とは言い難いです。

だからこそ必要になってくる物は専用のアイテムとなります。

実はジムニーには多種多様な専用アイテムやパーツが市販されていますが、そのうちの1つが車中泊に関するキットです。

ベッドキットやアクティブシートなどがあり、それぞれで平均価格は異なりますが約数万円から10万円ほどします。

車中泊だけを求めれば他の車を所有したほうがコストはかからないものの、ジムニーの車中泊が確立されているのは確かです。

ジムニーが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは面倒…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、まともに聞いてもらえず

聞いてもらったところで

欲しい車に手が届かない。

そんな方にピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは損!

スポンサードリンク